2009年12月18日金曜日

【COP15】REDD+への先進国の貢献は十分ではない

17日、米国、日本、オーストラリア、フランス、ノルウェイ、英国よりREDD+への35億ドルの支援額が表明されましたが、CIは、「少なすぎる!」という立場です。

2010年から3年間にわたり最低100億ドル(約9000億円)が必要として、支援拡大を呼びかけています。


<CIプレスリリース2009.12.18>=================
国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15):
森林保護への先進国の拠出表明額は不十分とコンサベーション・インター
ナショナルが表明 -米国、日本、オーストラリア、フランス、ノルウェイ、
英国により本日表明されたREDD+への35億ドルの支援額案は、国連交渉
の前進に向け重要な布石ではあるが、少なすぎる
=================================
コンサベーション・インターナショナル理事長のピーター・セリグマンは、
「先進国によるREDD+へのこの貢献は重要であり賞賛する。先進国が約束し
た35億ドル(約3150億円)は、重要な始まりだが、不十分だ。気候変動に
取り組むためには、森林破壊を食い止めなければならない」と語った。

2015年までに森林破壊を25パーセント減らすことで、2030年まであるいは
より早く森林破壊を食い止める道筋を見つけ、2020年までに年間の排出量の
3分の一を削減するという目標を達成できる可能性を生み出せる。

そのためには、2010年から3年間にわたり最低100億ドル(約9000億円)
の貢献が必要だ。REDD+は、迅速で費用効果の高い解決策であり、このこと
はコペンハーゲンに集まっているすべての国に認識されている。

REDD+によって、森林を有する国は、発展の道筋を切り替えるという、歴史
的にも重要な決断をすることができる。この大きな舵きりを成功させるため
には先進国による適切な責任負担が不可欠だ。したがって、“この緊急に必要
な資金の不足分を、どうやって補うのか”という疑問が残る。

【REDD+(レッドプラス)とは】
森林の減少と劣化に由来する排出の削減(REDD)に“プラス”して、森林の
保全、森林の持続的な管理、森林による吸収量の増加を含む。自然の森林の
減少と劣化を止めるための補償を行い、森林の回復を促進するとともに永続
的な保全を目指す。REDD+の戦略と行動は、カーボン吸収のみに留まらず、
環境、経済、社会的な目標に貢献する大きな可能性を秘めており、持続的な
開発に貢献しながら気候変動対策の目標を達成するという国連気候変動枠組
み条約(UNFCCC)の目標に適うものであると同時に、国連のミレニアム開発
目標(MDGs)のもと、各国が掲げる様々な開発目標に貢献することができる。

お問い合わせ:
CIジャパン ci-japan@conservation.org  03-6911-6640
Rob McNeil, rmcneil@conservation.org, Mobile: +1 571 232-0455
Katrin Olson, kolson@conservation.org, Mobile: +1 202 549-3953
Kim McCabe, kmmcabe@conservation.org, Office: + 1 703 341-2546
Patricia Malentaqui, pmalentaqui@conservation.org, Mobile: + 1 571 225-8345

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。