投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第3回目 浦口あや vol.1

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です。
これからCIジャパンスタッフのインタビュー記事を連載していきます!
CIジャパンでインターンを始めてまず驚いたのが、スタッフがなんと9人しかいないこと! そして、一人ひとりが何かのプロフェッショナルで、異なる経験と能力を持ち、ユニークで魅力的なのです。そんな彼らが新宿の小さなオフィスから、世界規模の問題に立ち向かうなんて、まるで何かの映画のストーリーのようですよね。
でも、これはフィクションではありません。
彼らのリアリティと魅力をお伝えすることで、CIジャパンのことを少しでも近くに感じて頂ければと思います!!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― What’s CI? コンサベーション・インターナショナル(CI)は、地球が長い年月をかけて育んできた自然遺産である生物多様性を保全し、人間社会が自然と調和して生きる道を具体的に示すことをミッションとして設立された国際NGOです。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回のインタビューは“浦口あや”さんにお願いしました!東京で育った都会っ子の彼女が、なぜ環境問題に興味を持ち現在の仕事に就くことに決めたのか・・CIに至るまでと現在のお仕事についてインタビューしました!





浦口あや AyaUraguchi, PhD コンサベーション・インターナショナル ジャパン 専門は森林生態学(博士/北海道大学)。三菱総研にて、国内外の炭素クレジットを活用した森林プロジェクト形成の支援、森林モニタリング技術に関する研究などに携わる。2010年より現職にて、森林プロジェクト、気候変動分野を担当する。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
菊池:なぜ環境問題に携わろうと思ったのですか?
浦口:きっかけは高校生の時に“石油が枯渇するから大変だ!”ということを聞いたこと。それは大変だ!と思って、資源について勉強しようと思いました。でも、資源探査には必要な物理の“波”の分野がどうしても理解できなくて、断念しました。次に興味を持ったのが“砂漠の緑化”でした。それを、両親に相談したら、環境・生物的なことに関わりたいのであればまず基礎を勉強した方がいいのではと勧められました。確かにそうすれば後から生物を土台とした別の分野にも…

“環境保全金融”とはなんだろう?

イメージ
エディターズノート:「気候変動適応」から「生態系サービス」まで、環境専門用語はいたるところで見られます。CI本部のブログ、「ヒューマンネイチャー」では、そうしたよく見られる業界用語について、”What on Earth?”シリーズで、わかりやすく解説しています。 今回は、少し難しく聞こえるけれど、自然保護の最後の砦となる可能性のある「環境保全金融」を取り上げます。
____________________________________

Q.「環境保全金融(コンサベーション・ファイナンス)」とはなんでしょうか?
「環境保全金融」とは、一般的に環境保全のための資金を調達する金融メカニズムのことを指しています。


Q. なるほど。しかし、そもそもなぜ環境保全にお金を払う必要があるのですか?

簡単に言えば、環境保全というのは、国やコミュニティーが数ある選択肢から選ぶ経済的な意思決定の一つであるということです。たとえば、もしあなたが熱帯雨林を3000坪分持っていたとします。その土地をそのままにしておいては、収入など暮らしを支えるものは何も生み出さないでしょうから、材木として木を売り、農地にするかもしれませんね。それは、短期的にはお金になるかもしれませんが、森が持つ、水源としての機能や大気や土壌の安定など、人々の生活基盤である自然生態系を切り崩すことは、長期的にみれば、そこに暮らし続けることを難しくさせてしまうことを意味します。

環境保全金融は、森などの自然生態系を伐採して木材として売って得られる経済的価値よりも大きな価値のインセンティブを設け、森林を開拓して収入を得る道以外の選択肢となるものです。
環境保全金融は、その土地に暮らし、自然の恵みから生活の糧を得ている地元住民に考慮しながら、生態系の状態を維持する、強力な経済的インセンティブを作ることができる仕組みなのです。
Q. インセンティブとはどのようなものですか?
インセンティブは、補助金、融資、債券、信託資金、スワップなどあらゆる形を取ることができます。多くの金融商品を”グリーンな”目的の投資へ変えていくことができるのです。さらに、インセンティブは金銭以外でも、農業や教育、健康、もしくは他のニーズへの支援という形を取ることもできます。
Q. 事例を教えてください。

以下のような3つの事例があります。
 CIは、エクア…