投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

REDD+(レッドプラス)とはなんだろう?

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの“What on Earth is ‘REDD+’?”を日本向けに和訳編集したものです。

CI本部ブログHuman Nature”What on Earth”シリーズでは、環境分野に関わる専門用語について説明しています。

今回は“REDD+”について説明します。

Q. ‘REDD+’ってなに?
REDD+(レッドプラス)とは森林を守ることで気候変動を食い止めようという取り組みです。国連気候変動枠組み条約の下で取り決められました。森林破壊と森林劣化による温室効果ガスの排出を削減する、という意味である、“Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation”の頭文字をとったもので、“+”は森林保全などのさらなる活動も含むことをあらわしています。

© Charlie Shoemaker
Q. 森林を守ることは気候にいい影響があるってことだよね?
その通りです。森林は伐採しなければ炭素の排出を防ぐことができます。また、森林を守る取り組みをすると、世界の気温上昇を2度までに抑えるという目標達成のために役立ちます。この目標達成のために100の努力をしなければいけないとすると、そのうちの少なくとも30は森林保全によって達成できると言われているのです。

Q. REDD+は何をするの?
REDD+は①国が森林の大切さを理解することを促し、②経済的なインセンティブをもたらして森林破壊や森林劣化に歯止めをかけ、③持続可能な森林管理を促し、それによって将来世代が社会的・生態的・経済的便益を森林から得られるようにします。

補足:②について。森林破壊・劣化の原因の一つとして、森林の農地転換があります。そこで、農業を営むために森林を伐採してしまうよりも、森林を保護した場合の方が経済的に豊かになる方法を見つけ出すことによって、森林が破壊されるのを防ごうという考え方がREDD+なのです。

© Piotr Naskrecki
簡単に言うと、REDD+は「国や民間機関、多国間金融機関などがお金を出して、森林を切らないようにする」ということをしているのです。直接お金を出すこともあれば、“carbon credits”という制度を使って森林を守ることもあります。森林を守って温室効果ガスの排出…