投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

重要な熱帯地域を守れば、消滅の危機にある種の半数が救われる

イメージ
※本ブログは、CI本部ブログの“Study: Protecting tropics could savehalf of species on brink’” を日本向けに和訳編集したものです。Written by Kiley Price 2019年発表された国連の注目すべき報告書によると、人間活動と気候変動の影響で、100万もの種が絶滅の危機に瀕しているということが明らかになりました。

これまでになかった新たな研究の結果によると、消えゆく運命に陥っている種の半数が救えて、かつ気候崩壊の速度を緩めるためには、熱帯地域をたった30%を保全するだけで叶えうることが分かりました。
Ecography誌に発表されたこの研究は、種の絶滅リスクを下げるために最も重要な自然環境に関する包括的な地図を提供する初の研究で、ラテンアメリカ、アフリカ、東南アジアに存在する熱帯地域の莫大な価値を強調しています。

この研究の主筆で、コンサベーション・インターナショナルの気候変動シニアサイエンティストのリー・ハンナ博士に、研究の政治的・経済的な意味合いと、地球上の野生生物たちの未来にとってこれが何を意味するのか、話を聞きました。
Q:なぜ気候変動によって種が失われてしまうのでしょうか?
A: どんな種にも、独自の気候耐性と環境があります。例えば、ニューヨークではヤシの木を育てられません。生物の耐性は数十万年、または何百万年もかけてできたものなので、一夜にしてそれが変わることはほとんどありません。そのため、人間活動が気候変動を加速させると、種は新たな気候に適応するのではなく、自分に合った気候を求めて移動します。多くの種にとっては上方へと向かうことになります。しかしながら、最終的には行く場所がなくなってしまいます。私たちはこれを「絶滅のエスカレーター」と呼んでいます

Q:この研究とはどういった関係があるのでしょうか?
A:この新しい研究で、気候変動に反応した種が移動することが、私たちの保全能力にどのような影響を与えているのか、関連性を調べようと試みました。そのため私たちは、数十万の種が、様々な気候シナリオ下でどのような移動をするのかモデル化しました。それから、これらのモデルを数十万の種が生息している地域と組み合わせました。この組み合わせによって、現在生き物が生息している場所と、将来的に生き物が生息…

コロナウイルスが気候交渉を中断させてしまうなら、他のやり方を見つけなければならない

イメージ
※本ブログは、CI本部ブログの“If coronavirus halts climate convenings, ‘we must find other avenues for progress’” を日本向けに和訳編集したものです。

Written by Kiley Price

世界的なパンデミックに見舞われている真っ只中、気候変動を食い止めるための闘いに、新型コロナウイルスがどんな影響を及ぼしているのか、考える人はあまりいないかもしれません。

しかしながら、命にかかわるウイルスの感染が世界に瞬く間に広がり、現時点で400万以上の人々(2020年5月11日現在)が感染してしまった今こそ、私たちはこの重要な問題について考えるべきだと、気候の専門家は言います。

「新型コロナウイルスの爆発的な拡大は、各国が炭素排出削減を約束する大胆な目標を設けるための重要なプラットフォームである、主要な気候会議の計画を遅らせる可能性があります。しかし、人々が一つの場所で集まれないからといって、各国の責任がなくなるということではありません。」と、コンサベーション・インターナショナルの気候政策専門家、マギー・コムストックは話します。

「気候変動の最も深刻な影響を避けるには、もう10年間しか残っていません。2020年も、引き続き気候変動に取り組むべき年です。ウイルスの影響で、特に航空便の欠航・減便によって世界的な排出量は減少傾向にありますが、COVID-19の長期的な影響は、気候変動の進行を緩やかにするための取り組みをひっくり返してしまうかもしれません。」

既に、今年2月にローマで行われていたポスト2020生物多様性世界枠組みに関する第2回公開作業部会は、ヨーロッパにおける感染の急拡大によって多くの参加者が途中帰国するなど、影響を受けました。

「私たちは週の半ばで会議を去りました。全く来られなかった人達もいました。」
 コンサベーション・インターナショナル国際政策・バイスプレジデント、リナ・バレラ

感染の拡大で、スコットランド・グラスゴーで行われる予定だった2015年のパリ協定下での公約を成し遂げるために各国のリーダーが集まる、国連気候変動枠組み条約会議のプレナリーミーティングも同じように影響を受け、延期となってしまいました。

バーチャル会議で話し合い?でも同じではない

では、コロナウイルス…