投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

6月22日はWorld Rainforest Day!(熱帯雨林の日)

イメージ
By コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 浦口 あや
梅雨の真ん中で夏至と一日違い。年に一回、熱帯雨林に思いを馳せるには最適な日です。

熱帯雨林と言えば?年間を通じて温暖で雨量の多い地域に形成される森は、多様性豊かな生き物の宝庫です。色とりどりのユニークで魅力的な生き物を紹介するテレビ番組は、観ていて飽きませんよね。熱帯雨林の魅力は、それだけではありません。気候変動問題の解決に重要なカギとなる、大量の二酸化炭素(CO2)の貯蔵庫でもあるのです。

その熱帯雨林は急速に減少しています。2018年の1年間に1,200万ヘクタールが失われました。これは日本の本州の約半分の面積に相当し、365日昼も夜も休まず、2秒ごとにサッカー場1個分の森が消えている計算になります。

熱帯雨林の破壊は、そこに暮らす生き物たちを絶滅に追いやるだけでなく、結果的に野生動物と人間の接触の機会を増やし、森にとどまっていた病原菌が人間社会に出てくる原因となっています。
また、前述の通り、熱帯雨林は大量のCO2を蓄えているので、伐採されると大量のCO2が大気中に放出されます。仮に熱帯国の森林減少量を「国」に例えると、その温室効果ガス排出量は中国、米国に続いて世界第3位にランクインし、その後に欧州連合、インド、ロシア、そして日本が続きます。かなりのインパクトです。
では、なぜ減少しているのでしょうか?世界で起こっている森林減少の8割は、農地の拡大が原因です。森林減少要因としてよく知られる、牛肉や大豆、パーム油、林産物といった農産物だけではなく、コーヒー、カカオ、ゴム、キャッサバといった、私たちの生活にも身近な熱帯原産植物の栽培にも広大な森が切り拓かれています。ちなみに、キャッサバはタピオカの材料です。

例えば、カンボジア。現在世界で最も森林減少率の高い国の一つです。ゴム、カシューナッツ、キャッサバ、サトウキビ、パーム油等の輸出用作物生産を目的とした森林減少が著しく、農村部に行くと、最近まで森林だった場所がカシューナッツ農園に転換されているのを多く目にします。実際、2018年から2019年にかけてカシューナッツの輸出量は倍増し、カンボジア政府はさらなる増産を目標に掲げています。多くの住民が貧困状態にあり、現金収入につながるスキルや機会を持たず、情報へのアクセスも限られている農村では、「カシューナッツが売…

伝統的知識なくして、気候の解決策はない

イメージ
本記事はCI本部ブログの “Without traditional knowledge, there is no climate change solution”を日本向けに和訳・編集したものです。
by ヒンドゥー・オウマロウ・イブラヒム
・・・
世界は気候変動の現実に気付き始めています。

しかし私や世界の数百万人もの先住民にとっては、気候変動は目新しいものではありません。気候変動は私たちの人生なのです。

山や森に暮らしていたとしても、はたまた砂漠や氷で覆われている場所に暮らしているとしても、すべての先住民にとって、環境は、生活と生計に直接リンクしています。私たちは暮らす場所に生活を依存しているので、気候変動の影響で、私たちの場所と-そして未来もー危機に瀕しています。

先日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発表した地球温暖化の報告書は、地球の平均気温が1.5度以上上昇してしまったらどんなことが起こるのか、暗くなるような予測を書いていました。

問題なのは、現時点ではパリ協定の締結国は温暖化を2度未満に抑えることに合意していますが、その0.5度の違いが取り返しのつかない状況を産み出してしまう可能性があるということです。

このような未来に直面した今、過去を振り返るべき時だと私は思います。

先住民族が持つ伝統的知識は、世界の先住民コミュニティのためだけではなく、すべての人類が気候変動に適応し、緩和するためのカギです。伝統的知識と科学、テクノロジーを組み合わせて、イノベーションの基礎を自然におくことで、野心的で新たな炭素排出量の目標を達成することができる確率が非常に高くなるのです。

気候科学は、現代的なツールと、精細な予測とモデリングのシステムによって成り立っています。私のコミュニティでは、自然から情報を集め、そのデータを元に意思決定をします。木や、果物や、鳥の移動や、風の方向、星の位置を観察して、天気を予測することで、変化に適応します。また、参加型の3Dモデリングを利用した地図を作って、自然資源をより適切に管理することに役立てています。伝統的知識と科学はこうした形で組み合わさるのです。

コミュニティのリーダーに会う時も、国家首脳に会う時も、私はいつも同じ思いを抱きます。それは、私たちが持つこの伝統的知識が、気候変動や生態系破壊との戦いへ先住民族が貢献でき…