スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

自然の力を活用した気候変動対策(NCS:Natural Climate Solutions) とは何だろう?

©Shawn Heinrichs 気候変動問題に取り組む際に自然の力を活用する「NCS」として知られる手法は、政府や企業が自然を利用した取り組みを発表するにつれて、世界から注目されるようになっていますが、時として、その理解には誤解が生じます。そこで、CIの気候科学者ブロンソン・グリスコムに、NCSとは何か、話を聞いてみました。 ・・・ Q. まず「自然の力を活用した気候変動対策(Natural Climate Solutions : NCS )」とは何ですか? 自然は、気候に良い影響を与えます。炭素を大気中から吸収し貯蔵する機能を持った森林をはじめとするその他高炭素生態系の力を活用すれば、気候変動の抑制に役立ちます。そのため、そのような自然生態系の保全や再生活動、また利用や管理の改善、そして、貯蔵量の増加や温室効果ガス排出の回避を目的とした行動は、すべて「自然の力を活用した」気候対策(NCS)とみなすことができます。 Q.なぜ、今NCSが必要なのでしょう? 大半の科学者たちが、世界がCO2排出量を大幅に減らすには2030年までの行動がカギであり、それまでにパリ目標で合意された各国の数字目標が守られなければ、気候は破壊的な状況に陥ってしまうだろうということに同意しています。それは、つまり、沿岸都市が海面上昇によって流され、何百万人もの人々が故郷を追われるとか、「100年に1度」の台風が年に何度も起きたり、干ばつや飢きんなども考えられます。そうした中で、存在している自然を損なうことなく、その力を活用することで、世界が目標達成に必要とされる炭素吸収量の3割を自然の力で賄うことができるのです。 Q.大気中から炭素を吸収して貯める、またそれらの活用を可能にする大きな装置のようなものを想像しましたが、そんなイメージですか? それは木を表現した言葉ですよね?笑 そうですね、そんな感じです。 実際に世界では、科学者が森林生態系と同じような働きをするデバイスを作っている最中ですが、どれも木ほどコストパフォーマンスがよくありません。それにどの人工機械も空気と水をきれいにして、野生動物のすみかを与えたりといった木ができることをすることはできません。 Q. NCSとは、単に木を植えるということなのでしょうか? 自然気候対策の7割は、植林に関することです。でも木を植えるだけではありません。自

最新の投稿

2023年の振り返り:記録的猛暑の年、自然が気候危機の重要な鍵に

菌類は、気候対策の新たな味方か?

カーボンクレジットを活用する企業が気候変動対策を主導する

何が森林減少を引き起こし、どうすれば食い止めることができるのか

It’s about TIME: 気候リーダーとしての自然保護活動家の評価

印象に残った先住民族リーダー達の声  ~ IUCNリーダーズフォーラム参加レポート ~

IUCNリーダーズフォーラムに参加してきました

東ヒマラヤの新しい保護活動に10億ドルの支援を呼びかけ

CI気候専門家にインタビュー -グローバル・ストックテイク(GST)報告書が明らかにしたこと-

インドネシア西ジャワ州グリーンウォールプロジェクトの現場を訪ねて Vol. 1