投稿

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第4回目 磯部 麻子 Vol.3

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です。CIジャパン広報の磯部麻子さんのインタビューの最終回Vol3です!(バックナンバーを読んでない方はこちら→ Vol.1Vol.2)最終回となるVol.3では、磯部さんに未来のことについて伺ってみました!――――――――――――――――――――――――――――磯部麻子 Asako Isobe
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 広報担当、マーケティング&コミュニケーション シニアコーディネーター――――――――――――――――――――――――――――菊池:これからCIで働いていく中での、磯部さんの抱負や夢などはありますか?磯部: CIは、型にはめられることがなく、やりたいことは手を上げれば誰も止めない、自主性が大きく左右する職場なので、常にプレッシャーもありますが、組織として常にオープンです。オンラインのスキルアップコースが用意されていたり、グローバルな知見共有のウェビナーも開催されているので、望めば様々なツールを使って、スキルアップしていけます。子供の頃からいろんな経験をしたいと思ってずっと生きてきた中で、こうした環境へ身をおけるのはとてもありがたいことだと思っています。子供が生まれたことで、より教育に関心を持つようになりました。出産後に知ったモンテッソーリという教育メソッドがあります。イタリアのマリア・モンテッソーリという方が確立した子供の生命教育と言われるもので、具体物に触れながら学ぶための独特の教具があるのですが、その”具体物に触れる”というモンテッソーリ的な意味で、自然に触れながら、サステナブルな感性を育むような教育プログラムが作れたら素晴らしいなと考えているので、それが夢ですね。自然に優しい人になるためには自然に触れることだと思うので。

菊池:気候変動や生物多様性の保全など、世界の抱えている問題は、非常にシビアだと感じています。今後CIジャパンや日本の社会はどこに重点を置き、どのように世界に働きかけてゆくべきだと思いますか?磯部:それを考えるのは、CIジャパンが、CIのグローバルな位置づけで、何を期待されているかを考えることと似ています。気候変動のような地球規模の課題は惑星に暮らすすべての人々にとっての問題ですが、その解決のために何ができるのか、それぞれの立場で考えるとき、私達、日本が国際社会でどのような…

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第4回目 磯部 麻子 vol.2

イメージ
こんにちは。 CIインターンの菊池です!Vol. 1に引き続き、磯部麻子さんのインタビューです。(vol.1を読んでいない方はこちら)前回は磯部さんの現在のことを中心にお伺いしましたが、今回はCIジャパンの中でも異色といわれる磯部さんの経歴についてお伺いしました!―――――――――――――――――――――――――――― 磯部麻子 Asako Isobe
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 広報担当、マーケティング&コミュニケーション シニアコーディネーター東京都大田区出身。成蹊大学卒。20歳前後からオーストラリアやアジア各地を旅した経験をもとに在学中、自然や少数民族文化をテーマにした輸入雑貨業を起業。その後IT業界、外資系企業において、主に企業のブランディングに関わるプロジェクトに携わる。その後、元々大好きだった自然に携わる仕事がしたいという気持ちが強まり、2010年よりCIジャパンに参加。CIのグローバルネットワークを活かしながら、SDGs達成へ向けた普及啓発に取り組む他、CIジャパンが実施する国内外プロジェクトのコミュニケーションを担当している。――――――――――――――――――――――――――――菊池:今回は磯部さんがCIで働くようになるまでの経緯をお聞きしたいです!磯部: 私、子供の頃は自分に自信がなくて。団塊ジュニアの世代で、ひとクラス40人5クラスあるような大人数の中で、運動神経だけは良かったので、リレーや水泳大会など、人前に出ることはありましたが、自分の意見を堂々と伝えたり、好きな子に話しかけたりできない子でした。おそらく、私はこれ!と自信の根拠に思えるものがなかったからで、そんな自分がイヤでした。だから一歩踏み出すために、6年生のときに勇気を出して生徒会選挙に立候補しました。その後は自分に自信をつけるために、自分が大人になった時はこういう風になりたい、というイメージを強く持って、勉強もスポーツ以外も、ボランティアから夜遊びまで・・笑 10代はいろいろなことにチャレンジしてきました。

菊池:大学時代はどうでしたか?磯部:大学には 3年次編入で入学したのですが、海外で生活したい気持ちが強く、休学してオーストラリアに行きました。その間に色々な御縁が重なり、たまたま新宿の空き地でログハウスを使ったビジネスをされている会社さんと繋がり、民族とか自然の…

◆現地からのストーリー◆ 南アフリカ東ケープ州 ~企業の支援が最貧の地域へもたらしたもの~

イメージ
By Kiley Price本記事はCI本部ブログの"Notes from the field: Protection protocol and revitalizing grasslands"を日本向けに和訳・編集したものです。
「昔、ここに広がる谷は美しく、家畜が食べるに十分な草、古来からの森、魚であふれる川があった。」と南アフリカ東ケープ州の70代になる農業への情熱で地元の人たちに知られている農家の男性は思い出します。しかし、時と共に、外来侵入種の灌木が家畜の餌として必要な草を駆逐し、畜牛は病気になり、子を産まなくなりました。川は干上がりました。この乾燥地帯で、CI南アフリカは、荒廃した土地を地元農家が回復する手助けをしています。活動は、世界的な自動車メーカーであるトヨタの寄付プログラムによって2017年から支えられています。トヨタは南アフリカの地方部の次世代、南アフリカの波乱に満ちた歴史の中で忘れられてきた地域社会の農業、そして彼らの知識とスキルの向上、最終的には彼らの稼ぎに、生態学的にまっとうな方法で投資をしています。「トヨタ南アフリカ(TSAM)は何よりもまず企業市民であり、その価値は何よりも人々と人々が暮らす地域社会の尊重に基づいています。」とTSAMの企業広報マネージャーのMzo Witbooi氏は語ります。「プロジェクトは、TSAMを含むトヨタのそれぞれの地域が地球レベルと地域レベルの環境問題に正面から立ち向かい、よりよい世界の創出において積極的な役割を担うことを促すことを目的としています。」このパートナーシップを通じて、CI南アフリカは、地元コミュニティと放牧組合に対して、農家が侵入種を除去し、草地と川を回復させ、家畜の病気に気づき・手当し、輪換放牧(rotational grazing)といったより持続可能な土地利用方法を採用することができるように、トレーニングやワークショップを行いました。その結果、草地は繁茂し、市場で高値で売れる健康な牛が育ち、農家が地元に留まって自らの土地を持続可能な形で世話する意欲を引き出すことができました。

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第4回目 磯部 麻子 vol.1

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です。
CIジャパンスタッフのインタビュー記事の第4弾です!

CIジャパンでインターンを始めてまず驚いたのが、スタッフがなんと7人しかいないこと!
そして、一人ひとりが何かのプロフェッショナルで、異なる経験と能力を持ち、ユニークで魅力的なのです。そんな彼らが新宿の小さなオフィスから、世界規模の問題に立ち向かうなんて、まるで何かの映画のストーリーのようですよね。
でも、これはフィクションではありません。

彼らのリアリティと魅力をお伝えすることで、CIジャパンのことを少しでも近くに感じて頂ければと思います!!

磯部 麻子インタビュー Vol.2>Vol.3> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― What’s CI?
米国ヴァージニア州に本部を置く国際NGO。「自然を守ることは、人間を守ること。」をスローガンに、地球が長い年月をかけて育んできた自然生態系を保全し、人間社会が自然と調和して生きる道を具体的に示すことをミッションとする。世界30カ国以上で約900名のスタッフが2,000以上のパートナーと共に、持続可能な社会の構築を目指して活動している。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回から、CIジャパンで広報とマーケティングを担当されている磯部麻子さんのインタビューです! CIジャパンの要(かなめ)でもある「広報」という仕事をする傍らで、家庭や子育てにも奮闘している彼女にお話を伺いました!

磯部麻子 Asako Isobe
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 広報担当
マーケティング&コミュニケーション シニアコーディネーター
東京都大田区出身。成蹊大学卒。20歳前後からオーストラリアやアジア各地を旅した経験をもとに在学中、自然や少数民族文化をテーマにした輸入雑貨業を起業。その後IT業界、外資系企業において、主に企業のブランディングに関わるプロジェクトに携わる。その後、元々大好きだった自然に携わる仕事がしたいという気持ちが強まり、2010年よりCIジャパンに参加。CIのグローバルネットワークを活かしながら、SDGs達成へ向けた普及啓発に取り組む他、CIジャパンが実施する国内外プロジェクトのコミュニケーションを担当し…

6月22日はWorld Rainforest Day!(熱帯雨林の日)

イメージ
By コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 浦口 あや
梅雨の真ん中で夏至と一日違い。年に一回、熱帯雨林に思いを馳せるには最適な日です。

熱帯雨林と言えば?年間を通じて温暖で雨量の多い地域に形成される森は、多様性豊かな生き物の宝庫です。色とりどりのユニークで魅力的な生き物を紹介するテレビ番組は、観ていて飽きませんよね。熱帯雨林の魅力は、それだけではありません。気候変動問題の解決に重要なカギとなる、大量の二酸化炭素(CO2)の貯蔵庫でもあるのです。

その熱帯雨林は急速に減少しています。2018年の1年間に1,200万ヘクタールが失われました。これは日本の本州の約半分の面積に相当し、365日昼も夜も休まず、2秒ごとにサッカー場1個分の森が消えている計算になります。

熱帯雨林の破壊は、そこに暮らす生き物たちを絶滅に追いやるだけでなく、結果的に野生動物と人間の接触の機会を増やし、森にとどまっていた病原菌が人間社会に出てくる原因となっています。
また、前述の通り、熱帯雨林は大量のCO2を蓄えているので、伐採されると大量のCO2が大気中に放出されます。仮に熱帯国の森林減少量を「国」に例えると、その温室効果ガス排出量は中国、米国に続いて世界第3位にランクインし、その後に欧州連合、インド、ロシア、そして日本が続きます。かなりのインパクトです。
では、なぜ減少しているのでしょうか?世界で起こっている森林減少の8割は、農地の拡大が原因です。森林減少要因としてよく知られる、牛肉や大豆、パーム油、林産物といった農産物だけではなく、コーヒー、カカオ、ゴム、キャッサバといった、私たちの生活にも身近な熱帯原産植物の栽培にも広大な森が切り拓かれています。ちなみに、キャッサバはタピオカの材料です。

例えば、カンボジア。現在世界で最も森林減少率の高い国の一つです。ゴム、カシューナッツ、キャッサバ、サトウキビ、パーム油等の輸出用作物生産を目的とした森林減少が著しく、農村部に行くと、最近まで森林だった場所がカシューナッツ農園に転換されているのを多く目にします。実際、2018年から2019年にかけてカシューナッツの輸出量は倍増し、カンボジア政府はさらなる増産を目標に掲げています。多くの住民が貧困状態にあり、現金収入につながるスキルや機会を持たず、情報へのアクセスも限られている農村では、「カシューナッツが売…

伝統的知識なくして、気候の解決策はない

イメージ
本記事はCI本部ブログの “Without traditional knowledge, there is no climate change solution”を日本向けに和訳・編集したものです。
by ヒンドゥー・オウマロウ・イブラヒム
・・・
世界は気候変動の現実に気付き始めています。

しかし私や世界の数百万人もの先住民にとっては、気候変動は目新しいものではありません。気候変動は私たちの人生なのです。

山や森に暮らしていたとしても、はたまた砂漠や氷で覆われている場所に暮らしているとしても、すべての先住民にとって、環境は、生活と生計に直接リンクしています。私たちは暮らす場所に生活を依存しているので、気候変動の影響で、私たちの場所と-そして未来もー危機に瀕しています。

先日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発表した地球温暖化の報告書は、地球の平均気温が1.5度以上上昇してしまったらどんなことが起こるのか、暗くなるような予測を書いていました。

問題なのは、現時点ではパリ協定の締結国は温暖化を2度未満に抑えることに合意していますが、その0.5度の違いが取り返しのつかない状況を産み出してしまう可能性があるということです。

このような未来に直面した今、過去を振り返るべき時だと私は思います。

先住民族が持つ伝統的知識は、世界の先住民コミュニティのためだけではなく、すべての人類が気候変動に適応し、緩和するためのカギです。伝統的知識と科学、テクノロジーを組み合わせて、イノベーションの基礎を自然におくことで、野心的で新たな炭素排出量の目標を達成することができる確率が非常に高くなるのです。

気候科学は、現代的なツールと、精細な予測とモデリングのシステムによって成り立っています。私のコミュニティでは、自然から情報を集め、そのデータを元に意思決定をします。木や、果物や、鳥の移動や、風の方向、星の位置を観察して、天気を予測することで、変化に適応します。また、参加型の3Dモデリングを利用した地図を作って、自然資源をより適切に管理することに役立てています。伝統的知識と科学はこうした形で組み合わさるのです。

コミュニティのリーダーに会う時も、国家首脳に会う時も、私はいつも同じ思いを抱きます。それは、私たちが持つこの伝統的知識が、気候変動や生態系破壊との戦いへ先住民族が貢献でき…

重要な熱帯地域を守れば、消滅の危機にある種の半数が救われる

イメージ
※本ブログは、CI本部ブログの“Study: Protecting tropics could savehalf of species on brink’” を日本向けに和訳編集したものです。Written by Kiley Price 2019年発表された国連の注目すべき報告書によると、人間活動と気候変動の影響で、100万もの種が絶滅の危機に瀕しているということが明らかになりました。

これまでになかった新たな研究の結果によると、消えゆく運命に陥っている種の半数が救えて、かつ気候崩壊の速度を緩めるためには、熱帯地域をたった30%を保全するだけで叶えうることが分かりました。
Ecography誌に発表されたこの研究は、種の絶滅リスクを下げるために最も重要な自然環境に関する包括的な地図を提供する初の研究で、ラテンアメリカ、アフリカ、東南アジアに存在する熱帯地域の莫大な価値を強調しています。

この研究の主筆で、コンサベーション・インターナショナルの気候変動シニアサイエンティストのリー・ハンナ博士に、研究の政治的・経済的な意味合いと、地球上の野生生物たちの未来にとってこれが何を意味するのか、話を聞きました。
Q:なぜ気候変動によって種が失われてしまうのでしょうか?
A: どんな種にも、独自の気候耐性と環境があります。例えば、ニューヨークではヤシの木を育てられません。生物の耐性は数十万年、または何百万年もかけてできたものなので、一夜にしてそれが変わることはほとんどありません。そのため、人間活動が気候変動を加速させると、種は新たな気候に適応するのではなく、自分に合った気候を求めて移動します。多くの種にとっては上方へと向かうことになります。しかしながら、最終的には行く場所がなくなってしまいます。私たちはこれを「絶滅のエスカレーター」と呼んでいます

Q:この研究とはどういった関係があるのでしょうか?
A:この新しい研究で、気候変動に反応した種が移動することが、私たちの保全能力にどのような影響を与えているのか、関連性を調べようと試みました。そのため私たちは、数十万の種が、様々な気候シナリオ下でどのような移動をするのかモデル化しました。それから、これらのモデルを数十万の種が生息している地域と組み合わせました。この組み合わせによって、現在生き物が生息している場所と、将来的に生き物が生息…