投稿

ゾウが最高な母親である3つの理由

イメージ
母親ゾウは2年近くも赤ちゃんゾウを身ごもります。赤ちゃんゾウが産まれると、赤ちゃんに最適な栄養を含んだ母乳を与えて育て、生きていくために必要なスキル、厳しい状況下で群れを率いる方法を教えます。 ゾウたちは、母親ゾウたちが物事をよくわかっていることを認識しているようです。なぜならゾウの群れは母系社会だからです。最年長のメスゾウは、群れの社会的ネットワークを統率し、一家が生き延びていくために重要な役割を果たしています。 ゾウの群れが、みな幸運に恵まれているわけではありません。母親ゾウが象牙を狙った密猟など人間との対立によって命を落としてしまうと、残された若いゾウは生き延びることが難しくなってしまうのです。コンサベーション・インターナショナルのVR映像 「My Africa」 でも取り上げている、ケニアのレテティ・エレファント・サンクチュアリ-は、アフリカ初のコミュニティ主導型ゾウの孤児院です。孤児となったゾウを野生に帰すまで世話する取り組みは、絶滅危惧種であるゾウたちを守る希望の兆しとなっています。 もちろん、一番良いのは、密猟や争いを止めて、子ゾウが地球で最も忙しい母親ゾウから直接生きる術を教えてもらうことです。 なぜゾウが最高な母親なのか、3つの理由についてご紹介します。 母親ゾウは最高の「食事」を生み出す 赤ちゃんゾウは、生まれてから毎日2ポンド(907グラムほど)成長します。母親ゾウの母乳は離乳期間まで赤ちゃんの成長に合わせ4回も成分が変わります。 ケニヤのレテティ・エレファント・サンクチュアリでは、孤児ゾウたちが必要な栄養をしっかり摂ることができるよう、飼育員がゾウごとに特別なミルクを配合します。飼育員はゾウたちが健康でいられるように一日8回食事を与えています。母親ゾウの母乳の代わりとなるのは人間の赤ちゃんの粉ミルク。タンパク質、脂肪、ビタミンがたっぷり含まれています。 歯が生え始める痛みが強い時期には、赤ちゃんの痛みを和らげるために母親ゾウの母乳も変わります。母親ゾウは、歯が生えてきた赤ちゃんを助けるために抗炎症作用がある植物を食べます。サンクチュアリでは、飼育員が地域の植物に関する知識を生かして母親ゾウが与えるものと同じ種類の栄養分を模倣した自然の薬を赤ちゃんに与えています。 母親ゾウは最高の教師 ゾウたちは食べることのできる植物の選び方、捕食者から身を守

父から子へ受け継がれるインドネシアの宝もの

イメージ
インドネシアの西パプアにあるバーズヘッドシースケープのキラキラと輝く海は、この地球上で最も海洋生物多様性に優れている場所です。ジンベイザメ、マンタ、ウミガメなどの海の象徴的な生物をはじめ、ここでしか見ることのできない70種以上の固有のサンゴ礁や熱帯魚なども生息しています。また、この海の豊かさが、沿岸地域で暮らす76万人の人々に食料や収入の機会をもたらしています。 ©Conservation International しかし、10年ほど前まで、この豊かな海洋環境は荒廃の危機に瀕していました。規制のない商業漁業や密猟、ダイナマイト漁などの違法行為により、一部の漁業では、最大90%も漁獲量が減少しただけではなく、地元の人々の生活は一変し、伝統も失われました。 コンサベーション・インターナショナル(CI)は、2004年からこの地域で地元コミュニティや政府、非営利団体と協力して、豊かな海を取り戻すために取り組んでいます。現在、魚の個体数は回復し、サメやクジラ、エイたちが戻ってきました。密猟は90%減少し、サンゴも回復しました。そして、地元の人々の教育や食料へのアクセスも改善しました。CIの活動は、自然保護を通じて人々の生活を支え、さらに次世代や未来へ向けて受け継がれています。 ロナルドとヴァレン(©CI/photo by John Martin) このバーズヘッドシースケープで、サンゴ礁を見守り続ける親子がいます。ロナルドとヴァレンです。父ロナルドは、地元の漁師からサンゴ礁の科学者に転身し、現在はCIのスタッフとして活躍しています。ロナルドは息子のヴァレンに、ほんの少し前にこの豊かな海がどのように破壊されてしまったのか、そしてコミュニティを中心にどのように回復することができたのかを話しています。ヴァレンの世代のために「ホーム」である場所を守ることの大切さと、コミュニティ主導の取り組みが、いかに保全活動を成功に導くかを伝え続けています。 ヴァレンたちが見守る海の様子はこちらからご覧ください。( 360 度動画) 冒頭写真:バーズヘッドシースケープのサンゴ礁(©Burt Jones and Maurine Shimlock)  

パンデミックの中の希望ー森林保全が人々にもたらしたもの

イメージ
南米ペルーでは、新型コロナウイルスのパンデミックによって何百万人もの人々が職を失いました。しかし、アマゾンとアンデス山脈がつながる地域に位置するアルトマヨ森林保護区のコーヒー生産者たちは違いました。都心から離れた森林で暮らすアルトマヨのコーヒー生産者たちは、2020年に336トンのオーガニックフェアトレードコーヒーをヨーロッパ、ニュージーランド、アメリカに輸出し、前年の30%以上の収益を生み出しました。 コーヒー生産者たちは国連が支援するREDD+に支えられました。このプログラムは、森林を守ることで、森林破壊によって排出される二酸化炭素の排出を防ぎ、コミュニティや地域、国にインセンティブをもたらします。アルトマヨのREDD+プログラムは、コンサベーション・インターナショナル(CI)の支援のもと、地域コミュニティやペルー政府とのパートナーシップにより、カーボンクレジットの販売による収益を自主的な自然保護協定の資金として活用しています。協定は、コミュニティの支援を活性化することを目的としています。それにより、保護された森林で暮らすコーヒー生産者に農業支援とファイナンスのスキル構築の機会をもたらし、コーヒーの専門市場への参画を可能にしました。こういった便益と引き換えに、コーヒー生産者は森林破壊実質ゼロにコミットしています。 © CI/photo by Bailey Evans 182,000ヘクタールにも渡るアルトマヨ森林保護区はニューヨーク市の2倍もあり、絶滅危惧種の動物や植物の生息地で、地域の250,000人に水を供給する重要な地域です。アルトマヨは保護区であるものの、農地の拡大や、非持続的なコーヒー農園、違法伐採の影響で森林破壊が進んでいました。 CIはこの負のサイクルを止めるために、森林が気候危機を緩和し、清潔な水を供給し、地域コミュニティに持続可能な生計手段を提供する力に経済的価値をつけるために地域コミュニティと取り組みました。2020年までに840メトリックトンの温室効果ガスの排出を防ぐことができました。これは、毎年15万台の車が路上からなくなるのと同じ効果があります。 ©Alex Bryce カーボンクレジットの利益は自然保護協定を締結した1,100世帯の生計を支えています。コーヒー生産者の一人Carrasoさんは、10人兄弟の長男です。Carrasoさんは

マダガスカルの森を環境劣化の脅威から守る

イメージ
アフリカ東海岸のインド洋に浮かぶ、世界で4番目(オーストラリアを除く)に大きな島、マダガスカル。この島最大の熱帯雨林の一つであるアンケニヘニー・ザハメナ回廊(CAZ)には、約325,000人の人々が暮らしています。85%以上の動植物はこの地域の固有種で、ここでしか見ることができません。しかし今、そのかけがえのない生態系が、持続不可能な農業や違法伐採によって、その喪失や劣化の危機に直面しています。 ©Cristina Mittermeier コンサベーション・インターナショナル(CI)は、地域コミュニティ、政府、非営利団体とのパートナーシップにより、森林に依存して暮らす人々の支援を行っています。稲作、養蜂、漁業など、持続可能な収入を生み出すプロジェクトに従事する6,000以上の世帯を支援することにより、森林を壊すことなく、健全な自然環境を保ちながら収入を得ることが可能になります。 このようにCIは、危機に直面する地域で生計を立てている現地住民のコミュニティと協力し、地球環境にとって重要な生態系を守っています。人間の経済活動と自然保護のバランスを取ることは、持続可能な社会にとって非常に重要なアプローチであり、CIは今後5年間で、少なくとも3つの重要な生態系のコミュニティへの支援を目指しています。 冒頭写真:ワオキツネザル。マダガスカルにて。(© Art Wolfe/ www.artwolfe.com)

生命豊かな未来への羅針盤

イメージ
みなさんこんにちは。CIジャパンでインターンをしている井原祥太です。 みなさんは「愛知目標」という言葉を聞いたことはありますか? 愛知県が掲げた何かの目標、と捉えられがちですが、その実は、生物多様性保全を通じて自然との共生社会を実現することを目指し2010年に採択された国際的な目標なのです。 1992年、多様な生物の生息環境と自然資源の保全を目的とした生物多様性条約が採択、翌年に発効されました。1995年には生物多様性を保全するための国家戦略が日本で初めて策定されました。その後、2010年に愛知県は名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議において採択されたのが愛知目標です。2011年から2020年までの達成に向けて20の個別目標が定められました。2020年というと去年ですね。結果はどうだったかというと、残念ながら、完全に達成した目標は20個中ゼロ。事実上の「失敗」に終わってしまいました。 生物多様性広報パネルより From  http://www.biodic.go.jp/biodiversity/possibility/tools/files/BD_panel_new.pdf みなさんの中には、そもそも生物多様性とは何か、生物多様性を守ることは大事なのか、「生物多様性」と「自然資本」は別物ではないか、と首を傾げている方がいらっしゃるかもしれません。 生物多様性とは、端的に言えば、様々な種類の生物が地球上に存在している状態を指します。そして、多様性を守ることは多くの生物の生存確率を上げることに繋がるのです。 生物の種類が多ければ多いほど、生態系は環境の変化と人間活動による影響に対するレジリエンス力が高まります。たとえば、多様な生物が生息している熱帯雨林は、生物の種類が少ないほかの地域に比べ火災や洪水に耐えることができるのです。 様々な特徴を持つ様々な生物が多く生存していれば、地球という大きな生態系は気候危機がもたらす異常気象に耐え、安定することを示唆しています。そして、非生物をも含めた自然資本を守ることは生物多様性の保全に繋がり、多少の違いはあれど、微生物から植物、動物、そして人に便益をもたらしてくれるのです。つまり、自然資本の保全は生物多様性保全の要と言っても差し支えないのです。   ©︎ Art Wolfe       2021年を迎え、今後はどのよ