投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

生物多様性はなぜ大切なのか?

イメージ
本ブログは、CI本部ブログ「Human Nature」のWhy is biodiversity important?を日本向けに和訳編集したものです。 

By ジュリー・シャウ
コミュニケーションディレクター
クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金

※2020年5月22日に加筆修正

「人類は野生動物の絶滅を食い止めなければならない、さもなければ、人類が絶滅の危機に瀕するだろう」- 国連のメッセージ

そして、100万種もの動植物が絶滅の危機に瀕している現在、このリスクは未だかつてないほど高まっている、と専門家は話します。

「生物多様性は地球上にある生命の総称です。今、種の絶滅は、地球全体の安定性を損なうほど危機的な状況です。」生物多様性ホットスポット保全の国際基金、クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)事務局長、オリヴィエ・ラングランは言います。 「しかし、政府や企業、市民グループ、そして地域社会が協力して取り組めば、この危機を食い止めることができると、私たちは信じています。」

生物多様性は、人類にとってどれほど重要なのでしょうか?

なぜ、地球の安定に生物多様性が必要なのでしょうか?

以下に5つの理由を紹介します。

1.野生生物は、人類の生活基盤である自然生態系を支える一つ一つ

1980年代に、保全学者のポール・R博士.とアン・エールリッヒ博士は、種と生態系の関係は、鋲と飛行機のウイングのようなものだと明言しました。つまり、一つを失っても大災害 にはならないかもしれないが、それぞれの損失が深刻な問題の可能性を高めていくということです。

アマゾンの奥地でも、北京のような大都市でも、人間は淡水や受粉、土壌の肥沃度、安定した大気、食糧や医療など、自然生態系が提供する生態系サービスに依存しています。生物多様性の喪失によって惑星が弱体化してしまうと、増え続ける人口の需要に反して、生態系サービスを産みだす力はどんどん低くなります。

その一例が、世界最大の砂漠の湖であるケニアのトゥルカナ湖です。鳥たちやナイルワニ、カバなど、さまざまな野生生物の生息地であり、そして約30万人の食糧と収入の源でもあります。 乱獲、周期的な干ばつ、降雨パターンの変化、上流の開発による水の転用などのため、湖は大きな圧力を受けています。こうした環境の変化は生物多様性の喪失、漁業収量…