投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

【生物多様性ホットスポット】進化の方舟 マダガスカル

イメージ
こんにちは、CIインターン生の小林です。前回のニューカレドニアに引き続き、今回はアフリカ大陸の東側に浮かぶマダガスカルという国を紹介します。2011年にNHKで特集が組まれたり、2012年8月に映画「マダガスカル3」が公開されたこともあって、国名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
 さて、まずマダガスカルの基本的な情報から説明します。マダガスカルは、日本の約1.6倍となる約58万平方キロメートルの面積を持ち、グリーンランド、ニューギニア、ボルネオに次いで世界で4番目に大きい島となっています。南北1600kmに国土がわたるため、場所によって植生・気候が大きく異なる国でもあります。島の東部は温暖で、熱帯雨林が広がる地域もありますが、西部は乾燥したサバンナ地帯となっており、車で東から西へ移動していくと、気候・植生の移り変わりに驚かされます。


 気候だけでなく、生息している生き物も独特です。一口に「アフリカ」とくくられがちなマダガスカルですが、1億6千万年前にゴンドワナ大陸から分離したため、隣接しているアフリカとは全く異なる形で種の進化を遂げてきました。この国で見られる動物相・植物相のうち、およそ90%が固有種と言われています。小説「星の王子様」に登場するバオバブも、全8種のうち6種がマダガスカル固有種となっています(記事最後に写真あり)。
 また、マダガスカルに生息している多くの動物のうち、特にキツネザルに関しては50種以上を見ることができます。つい先月も、新しく2種類のネズミキツネザルが発見されました。研究が進んでいる霊長類分野において、このような新種が見つかることは非常に珍しいそうです。哺乳類だけでなく鳥類も多く生息しており、過去には同じ国際環境NGOであるWWFBirdlife Internationalと提携して、鳥類を保全する取り組みが行われてきました。
 下の写真は、「インドリ」という世界最大のキツネザルで、マダガスカルにしか生息していない動物です。インドリは1グループあたり8~30haもの縄張りを必要し、飼育繁殖にも成功していないため、動物園では飼育できないそうです。ペリネ国立公園という場所で見ることができるのですが、インドリの独特な鳴き声が響き渡る中、早朝から森の中を探索するのは非常にエキサイティングな経験でした。
 これまで紹介してきたよう…

枯渇しつつある天然資源が紛争を引き起こし得る、四つの事実

イメージ
※本記事はCI Blogで3月26日にUPされた「4 Ways Dwindling Natural Resources Could Lead to Conflict」を日本用に編集したものです。原文はこちら


1991年にソマリア政府が崩壊して以来、外国漁船がソマリア沿岸近くに侵入し、沿岸に暮らす多くの人々の支えとなっている豊かな漁場で場代を徴収し始めました。「現地の漁師達にはもはや暮らしていくための手段がありませんでした」とCIの理事長でありCEOでもあるピーター・セリグマンは語りました。「しかし、彼らは船を持っていたので、生きていくために海賊となったのです。」
この話は、いかに天然資源の枯渇が人々に自暴自棄な手段を取らせるか、そして予期せぬ結果をもたらすかを表しています。例として、海賊行為の増加による治安上の脅威に対処するため、アメリカや他の国の軍事費が膨大に増加した事が挙げられます。
しばしば見過ごされがちな、生態系の健全さと紛争の間にある直接的なつながりは、先週ワシントンDCにある外交問題評議会(CFR)のオフィスで開催された”国際的な資源、米国経済および国家安全保障”というシンポジウムにおいて主題として議論されました。
CIと外交問題評議会(The Council on Foreign Relations :CFR)が共同で主催したこのイベントでは、自然資本-生物多様性と生態系によって人々にもたらされる利益とサービス-と、アメリカや世界中が抱える経済及び国家安全保障上の利益との間にある共通点について議論するために、さまざまなパネリストと防衛専門家、企業幹部、政府の代表者や科学者などを含む多様な観客を一度に召集しました。
CFRは、外交政策や紛争予防に対する専門性において最も良く知られている、世界屈指のシンクタンクです。国際的な自然保護の安全性問題に対するCFRの関心の高さは、従来の環境に関するテーマを超えて、この問題がますます関心を集めている事を示しています。
一日を通して、講演者達は水圧破砕法、小規模農家による農業、アフリカにおける中国の影響力の増加、水不足や食料価格など多様な話題に触れました。特に、パネリストによって引用された以下の四つの統計は、人々が共通して資源に依存していることから、紛争を悪化させる可能性もある、という警告として印象に残りました。
1. 260以…