投稿

2017の投稿を表示しています

生産性を上げるには、木を植えよう

イメージ
村長であり、商店の経営者であり、農家でもあるレラ・カビ―カンが、森林の木々と作物を混在させる農法であるアグロフォレストリーで育ったターメリックを仕分けしている様子。この農法であれば、土壌は健全に保たれ、農地開拓のために木を伐採する必要がない。 (© Conservation International/photo by Syaiful Purba)



エディターズノート: 国連食糧農業機関(FAO)のレポートによると、2050年までに増え続ける世界の食糧需要を満たすためには、生産量を60%向上させなければならないといわれています。農業はすでに森林破壊の大きな原因となっているにも関わらず、です。人類の食糧需要を満たすためには、土地を持続可能な方法で、効率的に使わなければなりません。その解決方法の一つとして期待されているのが、「アグロフォレストリー」と呼ばれるものです。アグロフォレストリーは高木や低木を伝統的な農法の中に組み込む手法で、自然や人の生活を守り、経済発展の可能性も秘めています。アグロフォレストリーの発展は、食料の6割を輸入に頼っている日本人の私たちにも関わる問題です。
違法な伐採などにより、この数十年の間で大規模な森林破壊が進んだインドネシア北スマトラ省で、ある一人の女性によってアグロフォレストリーが、彼女の住むスルング・メルサダ村に導入されました。
・・・・
北スマトラ西パクパク地方、スルング・メルサダ村の村長であるレラ・カビ―カンが耕された土地を見る時に彼女の頭をよぎるのは、彼女の子どもたちの未来です。
農家出身の彼女は、肥料や種子を売る小さなお店を経営して生計を立てる一方、村の土地1.5ヘクタールを持つ、3人の男の子の母親でもあります。「まずは米や落花生、生姜を植えることから始めました。」とカビ―カンは説明しました。「トウモロコシやターメリック、そしてバンバラマメの収穫をちょうど終えたところです。」



北スマトラのパクパク・バラット地方、スルング・メルサダ村のレラ・カビ―カンの家と商店(右) (© Conservation International/photo by Syaiful Purba)


何年もの間、カビ―カンは土地の最適利用のために、複数の作物を時期をずらして栽培する間作農法を取り入れていました。間作農法は、一つの作物に収入源を頼らなくて済…

持続可能な食生活は身近なところから  by ピーター・セリグマン

イメージ
※本ブログ記事は2017年8月22日に米ウェブマガジン「OBSERVER」へ寄稿された、CI創設者のピーター・セリグマンによる記事を翻訳したものです。
“Think Small—Not Big—When It Comes to Sustainable Eating” by PETER SELIGMAN



“大きさ”はその影響力には関係ないということは、1963年の夏、ワイオミングの農場で牧草地に水を引いていたときに学んだことです。広々とした土地、広くて青い空は思い出としていつまでも私の中に残っていますが、私の心に響いたのはむしろ鳥やハチ、そして風の音など、とても小さなことでした。

そこでは、それまで私が何度も見聞きしたことのあるありふれたものが違って見えました。小さな自然の一部分がすべてに影響を与えうるという気づきは、環境をライフワークにするきっかけとなり、今日まで私の原動力となっています。

とてもよく管理された自然環境は、私たちが口にする食べ物を育てます。手入れをすればするほど、最も健康的な食生活を送っていくためにかかる時間もお金も節約することができます。私たちの日々の行動-通勤したり、歯を磨いたり、食べるものーと同じように、この地球の営みがこれからもずっと続いていくことは、重要なことなのです。

食べ物や飲み物を持続可能にするために必要な作物や原料を育てることは、時間とお金の莫大な投資のように思われるかもしれませんが、熟考し、日常生活を少しずつ調整することによって、農家や小売業者が将来の世代を養っていけるよう、持続可能に食糧を供給を促すことができるのです。

大きな変革のための小さな犠牲
大手流通業界は、ソーシャルメディアや新しいミレニアル家族から、増えつづける期待を受け、変わってきています。より多くの人々が人にも環境にも優しい、食べ物を求めているのです。言い換えれば、ある程度の数の人々が小さな変化を求めれば、企業や政府は、私たちの声に耳を傾けてくれるのです。

2009年、カリフォルニア大学の10のキャンパスは、大学の「持続可能な取り組みの方針(Policy on Sustainable Practices) 」の中に食料調達ガイドラインを作りました。カリフォルニア大学ではこれを受けて、2020年までにキャンパス内の食べ物のうち20%を持続可能な供給先から入手するとい…

コーヒーとハチ、森林の関係

イメージ
・・・
エディターズノート:世界では少しずつ深刻な現実が明らかになっています。気候変動によって、世界的に需要が急増しているコーヒーの供給が危機に陥る可能性が出てきています。コーヒーを完全に持続可能な作物にするための主な取り組みから、最近発表された研究レポートでは世界で最も広く取引されている商品の一つであるコーヒーの生産が今後危機に陥ることが指摘されています。日本は、アメリカ、EU諸国、ブラジルに次ぎ、第4位のコーヒー消費国であり、この発表は見過ごすことはできません。
・・・

コーヒー愛好家にとって、新しく発表された研究レポートは心配の種です。
気候変動によって引き起こされる平均気温の上昇により、2050年までに世界最大のコーヒー生産地域である南米のコーヒー栽培適地が最大88%も減少する可能性があるという研究結果が出ました。
しかし、私たちが普段飲んでいるコーヒーは、気候の変化だけに左右されるわけではありません。コーヒーの木の花粉を媒介するハチも重要な役目を果たしています。これらのハチたちは気候変動によってどのように影響を受けるのでしょうか?研究結果によると、ハチの多様性はコーヒーの栽培適地において8%から18%まで減少することが分かりました。そして研究では、気候変動がハチの減少だけでなく、コーヒー栽培地域における木の発育をも脅かすことが明らかになりました。
・・・

・・・
「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載されたこの新しい研究レポートでは、コーヒーとハチ、気候変動の関連に初めて焦点を当てています。
「これまでの研究では、コーヒーやハチへの気候変動の影響は検証されてきませんでした。」と、CIのシニアサイエンティストでありレポートの共著者でもあるリー・ハンナ博士は語ります。「今回の予測を導きだすために考案した方法が、今後の森林保全や日陰栽培の調整など、適切な森林管理目標を定めるのに役に立つことを願っています。」
・・・ コーヒーとハチ
コーヒーとハチは、いわば砂糖とクリームのように調和した関係です。 (コーヒーにはアラビカ種とロブスタ種の2種類があります。アラビカ種は自家受粉することが可能ですが、ハチが受粉するとコーヒー豆の品質がより良くなる傾向があります。)
「もし、コーヒー農園にハチがいれば、ハチはとても効率的で受粉にも優…

環境保全を成功させるカギは「ジェンダー的視点」を持つこと

イメージ
フィジー、ソヴィベイスンナダクニ村の近くの小川で魚釣りをする準備をする女性と孫息子 (© CI/photo by Peg Arrington)
エディターズノート:効果的に環境保全を達成するために、とても重要なことがあります。それは、コミュニティの中での男性と女性における自然の使い方の違いを理解することです。例えば、太平洋の島々周辺の沖合いでは、男性が遠い海で漁をする間、女性は浅瀬で貝殻など拾い集めている姿がしばしば見られます。これらは、根本的に異なった水資源の使い方といえます。女性と男性の異なる役割と責任、そして、環境保全がどのように彼らに影響を与えるかという理解は、コミュニティーを支え、取り組みを成功させるためにはとても重要なことなのです。

ジェンダー視点に関する理解を深め、CIのスタッフやパートナーのスキルを強化するために、CIは最近、フィジーとサモア、エクアドルでジェンダーに関するワークショップを行いました。CIでジェンダーに考慮した環境保全のアドバイザーであるケイム・ウェスターマン、そしてアジア太平洋地域のジェンダー活動の中心となっているホィットニー・アンダーソンとともに、ジェンダーと環境保全に関して、これから私たちが学ぶべきことについて考えます。

Q:ジェンダーというのは、どのように環境保全と関係があるのでしょうか?


ケイム・ウェスターマン(KW):まず、ジェンダーという言葉が意味するところを理解することが重要です。私たちは、ジェンダーを「社会が作り上げた女性と男性の特徴(規範や役割など)」であるとしています。文化や時間の経過によって、かなり異なってくるような特徴のことです。これらの違いを認識し、それに対応していくということは、人権を尊重し、効果的な環境保全を推進していくためには欠かせません。

私たちは環境保全を推進する者として、森林を保護し、サンゴ礁を管理し、危機に瀕している種を守るために、コミュニティーとともに働いています。プロジェクトのゴールを達成し、次世代に続いていくような変革を起こしていくために、現地コミュニティーと協働するには、男性・女性・男の子・女の子たちによって構成されているコミュニティー全体とコミュニケーションをとり、教育し、行動を起こすような動機を与えることができなければなりません。だからこそ、彼らがどのようにコミュニケーションをとり、ど…

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第3回目 浦口あや vol.1

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です。
これからCIジャパンスタッフのインタビュー記事を連載していきます!
CIジャパンでインターンを始めてまず驚いたのが、スタッフがなんと9人しかいないこと! そして、一人ひとりが何かのプロフェッショナルで、異なる経験と能力を持ち、ユニークで魅力的なのです。そんな彼らが新宿の小さなオフィスから、世界規模の問題に立ち向かうなんて、まるで何かの映画のストーリーのようですよね。
でも、これはフィクションではありません。
彼らのリアリティと魅力をお伝えすることで、CIジャパンのことを少しでも近くに感じて頂ければと思います!!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― What’s CI? コンサベーション・インターナショナル(CI)は、地球が長い年月をかけて育んできた自然遺産である生物多様性を保全し、人間社会が自然と調和して生きる道を具体的に示すことをミッションとして設立された国際NGOです。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回のインタビューは“浦口あや”さんにお願いしました!東京で育った都会っ子の彼女が、なぜ環境問題に興味を持ち現在の仕事に就くことに決めたのか・・CIに至るまでと現在のお仕事についてインタビューしました!





浦口あや AyaUraguchi, PhD コンサベーション・インターナショナル ジャパン 専門は森林生態学(博士/北海道大学)。三菱総研にて、国内外の炭素クレジットを活用した森林プロジェクト形成の支援、森林モニタリング技術に関する研究などに携わる。2010年より現職にて、森林プロジェクト、気候変動分野を担当する。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
菊池:なぜ環境問題に携わろうと思ったのですか?
浦口:きっかけは高校生の時に“石油が枯渇するから大変だ!”ということを聞いたこと。それは大変だ!と思って、資源について勉強しようと思いました。でも、資源探査には必要な物理の“波”の分野がどうしても理解できなくて、断念しました。次に興味を持ったのが“砂漠の緑化”でした。それを、両親に相談したら、環境・生物的なことに関わりたいのであればまず基礎を勉強した方がいいのではと勧められました。確かにそうすれば後から生物を土台とした別の分野にも…

“環境保全金融”とはなんだろう?

イメージ
エディターズノート:「気候変動適応」から「生態系サービス」まで、環境専門用語はいたるところで見られます。CI本部のブログ、「ヒューマンネイチャー」では、そうしたよく見られる業界用語について、”What on Earth?”シリーズで、わかりやすく解説しています。 今回は、少し難しく聞こえるけれど、自然保護の最後の砦となる可能性のある「環境保全金融」を取り上げます。
____________________________________

Q.「環境保全金融(コンサベーション・ファイナンス)」とはなんでしょうか?
「環境保全金融」とは、一般的に環境保全のための資金を調達する金融メカニズムのことを指しています。


Q. なるほど。しかし、そもそもなぜ環境保全にお金を払う必要があるのですか?

簡単に言えば、環境保全というのは、国やコミュニティーが数ある選択肢から選ぶ経済的な意思決定の一つであるということです。たとえば、もしあなたが熱帯雨林を3000坪分持っていたとします。その土地をそのままにしておいては、収入など暮らしを支えるものは何も生み出さないでしょうから、材木として木を売り、農地にするかもしれませんね。それは、短期的にはお金になるかもしれませんが、森が持つ、水源としての機能や大気や土壌の安定など、人々の生活基盤である自然生態系を切り崩すことは、長期的にみれば、そこに暮らし続けることを難しくさせてしまうことを意味します。

環境保全金融は、森などの自然生態系を伐採して木材として売って得られる経済的価値よりも大きな価値のインセンティブを設け、森林を開拓して収入を得る道以外の選択肢となるものです。
環境保全金融は、その土地に暮らし、自然の恵みから生活の糧を得ている地元住民に考慮しながら、生態系の状態を維持する、強力な経済的インセンティブを作ることができる仕組みなのです。
Q. インセンティブとはどのようなものですか?
インセンティブは、補助金、融資、債券、信託資金、スワップなどあらゆる形を取ることができます。多くの金融商品を”グリーンな”目的の投資へ変えていくことができるのです。さらに、インセンティブは金銭以外でも、農業や教育、健康、もしくは他のニーズへの支援という形を取ることもできます。
Q. 事例を教えてください。

以下のような3つの事例があります。
 CIは、エクア…

54年にわたる環境保全の道のり

イメージ
エディターズノート:ピーター・セリグマンは国際的な環境保全活動におけるレジェンドです。コンサベーション・インターナショナル(CI)の共同創設者、理事長兼CEOであったセリグマンは、CIを一つの想いから、世界で最も活動的な環境NGOのひとつへと成長させました。CIは30年以上77か国にわたって、地球で最も危機に瀕している6億ヘクタール(およそ600万㎢)以上もの陸や海の保全をサポートしてきました。これらの保護域は、宇宙からも見えるくらいの規模であり、インドネシア、メキシコ、そしてコンゴ民主共和国を合わせた大きさに匹敵します。セリグマンは今週、この取り組みをさらにけん引する新しいリーダーシップを発表しました。この記事では、彼が自身の歩んできた道のりを振り返り、すべての人々の幸せのための自然保護に関する新しい展望についてご紹介します。 


ーーーーーーーーーー

 私の保全の道のり、そして政府機関の外で自分の力を発揮してみたいという強い思いは1963年に始まりました。その年の7月、私はワイオミングの農場で働いていました。私の仕事は、水を牧草地に引くことであり、濡れて泥だらけになって、水が水路を行き渡るのを待つというものでした。私は鳥や昆虫を観察し、風の音に耳を傾け、高草の優しさを知るようになったのです。私はその時、自分が自然に夢中になっていることに気づきました。

 同年11月、ジョン・F・ケネディが暗殺されたとき、私は周りの人々と同じように大きな気づきに直面しました。それは、ロバート・F・ケネディ、マルコムX、そしてキング牧師らの連続暗殺の始まりだったのです。私は父が泣いているのをはじめて見て、自分たちの国が完璧な民主主義だとしている教科書の記述はまやかしであり、私たちの生活は憎しみや利己心の上に立っているということに気づいたのです。

 1987年1月28日のCIの始まりは、計画的なものではありませんでした。私たちは何か新しいものを創り上げたい、と思っていたわけではありませんでしたが、どのように世界を持続可能なものにするか、当時の社会とは根本的に異なった考えを持っていたのです。私たちは、人々と自然が共生する広大なスケールの自然生態系に焦点を当てました。私たちは、国やコミュニティの運命のカギを握るのは外部ではなく、そこにいる住民であると信じていました。環境保全は、特に優れた科学を必…

生物多様性ホットスポットでは、言語の多様性も保たれているという事実

イメージ
※本ブログは、CI本部の下記記事をCIジャパンが和訳したものです。
”Language Diversity is Highest in Biodiversity Hotspots” by DR. RUSSELL A. MITTERMEIER

ラッセル・A・ミッターマイヤ―博士

世界を旅して何十年になりますが、地球に暮らす人々の中で驚くほど魅力的な人間の文化に直接触れる機会に恵まれてきました。ブラジル・アマゾンのカヤポ族と呼ばれる人々から、カラハリ砂漠のサン族、そしておびただしい数のメラネシアの多文化に至るまで、それは、実にさまざまなものでした。
先住民族を含んだこれら多様な文化に生きる多くの人々は、じつはもっとも生物学的に豊かな地域に暮らしています。そしてこのような地域はグローバルな生物多様性を維持していく上でカギとなる地域でもあります。たとえば澄んだ水、花粉媒介者や空気など、生態系の機能を循環させるこれらのカギは、地球に暮らす70億人を超す我々人間にとって必要不可欠なものです。
ご存知のとおり世界のグローバル化は進行中で、これらの伝統的な先住民族コミュニティーの多くは忘れ去られているか、もしくは、彼らが本来守ってきた生態系サービスからもたらされる恩恵の平等な分配からしめ出されているように見えます。さらにひどいことには、これらのカギとなる生態系サービスや彼らの居住地は絶えず経済開発の圧力下にあり、素晴らしい文化遺産はかつてないほど消滅の危機にさらされているのです。

私たち科学者は、生物多様性と人間の文化的多様性は強い相関関係がある、と常々考えてきましたが、実際にどのくらい密にそれぞれが関係しているのか、きちんと立証できる方法で定量化されたことはありませんでした。このような状況を是正するため、わたしと仲間たちは、「Proceeding of the National Academy of Science」という科学論文誌に、生物多様性と人間の言語の多様性には強固で根源的な相関がある、という内容の論文を発表しました。

どの言語が人間の文化的多様性を表す例として適しているか、という議論がありますが、それを可能とする指標を探すことは困難です。言語は、特定の文化に由来しており、他の集団と区別するために使われますが、それはまた、それぞれのグループの世界観を反映しており、それぞれの…

“自然資本“とはなんだろう?

イメージ
エディターズノート:「気候適応」から「ブルーカーボン」、「ランドスケープアプローチ」から「生態系サービス」など、こうした環境用語は現在どこでも見られます。CI本部のブログ「ヒューマンネイチャー」では、そうしたよく見られる業界言葉について“What on Earth?”シリーズで解説しています。今回は、自然のあるべき形を180°変えることをも出来るコンセプト、“自然資本”についてお話します。


Q. まず、「自然資本」とは何でしょうか?

自然資本とは、人々に恵みをもたらす、再生可能と非再生可能な天然資源のことをいいます。(植物や生物、大気、水、土、鉱物など)

Q. どんな恵み(便益)がもたらされているのですか?私たちが吸う空気、私たちが飲む水、私たちが食べる食べ物、健全な生態系を維持している生き物たち、大気中の二酸化炭素を吸収して気候を調整している森林、これら全ては自然がもたらす恵み(便益)です。

Q. では「自然資本」とは単純に自然のことですか?かなり漠然としていますが・・・

では違う角度から考えてみましょう。想像してください、自然が銀行口座に預けている”預金”で人々が受益者とします。人々は預金運用から得られた利息(空気や、水、原材料、炭素貯蔵機能、気候や洪水を制御する力など)で生活するとします。もし、人々がたくさんの森林を伐採しすぎるなど、元本を消費し続けるならば、私たちへの配当が減っていくのはもちろん、時間と共に預金が利益を生み続ける能力も減っていくのが明らかでしょう。

Q. なるほど考え方はよく分かりました。しかし実際問題としてはどういうことなのでしょうか?

まず始めに、あなたは、自然から受ける恩恵の中で、何に一番自分が依存しているか、そして、その恩恵をもたらす生態系にあなたがどのように影響を与えているかを理解しなくてはなりません。そのことを理解するためには、便益や影響とは何か、誰が何のために便益を得ているのか、どのように便益が特定の利用者に流れているのかを理解することが必要です。


自然資本の良い事例は熱帯地域にあります。熱帯雨林や湿地帯などを考えてみて下さい。そこには、炭素、野生生物、新鮮な水などの、世界最大の自然倉庫のような場所が多くあります。それらは、銀行預金の大部分を指し、利息が様々な利用者にどのように流れているか明らかにします。特定の利用者への利息の配分と…

”ブルーカーボン”とはなんだろう?

イメージ