投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

コーヒーとハチ、森林の関係

イメージ
・・・
エディターズノート:世界では少しずつ深刻な現実が明らかになっています。気候変動によって、世界的に需要が急増しているコーヒーの供給が危機に陥る可能性が出てきています。コーヒーを完全に持続可能な作物にするための主な取り組みから、最近発表された研究レポートでは世界で最も広く取引されている商品の一つであるコーヒーの生産が今後危機に陥ることが指摘されています。日本は、アメリカ、EU諸国、ブラジルに次ぎ、第4位のコーヒー消費国であり、この発表は見過ごすことはできません。
・・・

コーヒー愛好家にとって、新しく発表された研究レポートは心配の種です。
気候変動によって引き起こされる平均気温の上昇により、2050年までに世界最大のコーヒー生産地域である南米のコーヒー栽培適地が最大88%も減少する可能性があるという研究結果が出ました。
しかし、私たちが普段飲んでいるコーヒーは、気候の変化だけに左右されるわけではありません。コーヒーの木の花粉を媒介するハチも重要な役目を果たしています。これらのハチたちは気候変動によってどのように影響を受けるのでしょうか?研究結果によると、ハチの多様性はコーヒーの栽培適地において8%から18%まで減少することが分かりました。そして研究では、気候変動がハチの減少だけでなく、コーヒー栽培地域における木の発育をも脅かすことが明らかになりました。
・・・

・・・
「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載されたこの新しい研究レポートでは、コーヒーとハチ、気候変動の関連に初めて焦点を当てています。
「これまでの研究では、コーヒーやハチへの気候変動の影響は検証されてきませんでした。」と、CIのシニアサイエンティストでありレポートの共著者でもあるリー・ハンナ博士は語ります。「今回の予測を導きだすために考案した方法が、今後の森林保全や日陰栽培の調整など、適切な森林管理目標を定めるのに役に立つことを願っています。」
・・・ コーヒーとハチ
コーヒーとハチは、いわば砂糖とクリームのように調和した関係です。 (コーヒーにはアラビカ種とロブスタ種の2種類があります。アラビカ種は自家受粉することが可能ですが、ハチが受粉するとコーヒー豆の品質がより良くなる傾向があります。)
「もし、コーヒー農園にハチがいれば、ハチはとても効率的で受粉にも優…

環境保全を成功させるカギは「ジェンダー的視点」を持つこと

イメージ
フィジー、ソヴィベイスンナダクニ村の近くの小川で魚釣りをする準備をする女性と孫息子 (© CI/photo by Peg Arrington)
エディターズノート:効果的に環境保全を達成するために、とても重要なことがあります。それは、コミュニティの中での男性と女性における自然の使い方の違いを理解することです。例えば、太平洋の島々周辺の沖合いでは、男性が遠い海で漁をする間、女性は浅瀬で貝殻など拾い集めている姿がしばしば見られます。これらは、根本的に異なった水資源の使い方といえます。女性と男性の異なる役割と責任、そして、環境保全がどのように彼らに影響を与えるかという理解は、コミュニティーを支え、取り組みを成功させるためにはとても重要なことなのです。

ジェンダー視点に関する理解を深め、CIのスタッフやパートナーのスキルを強化するために、CIは最近、フィジーとサモア、エクアドルでジェンダーに関するワークショップを行いました。CIでジェンダーに考慮した環境保全のアドバイザーであるケイム・ウェスターマン、そしてアジア太平洋地域のジェンダー活動の中心となっているホィットニー・アンダーソンとともに、ジェンダーと環境保全に関して、これから私たちが学ぶべきことについて考えます。

Q:ジェンダーというのは、どのように環境保全と関係があるのでしょうか?


ケイム・ウェスターマン(KW):まず、ジェンダーという言葉が意味するところを理解することが重要です。私たちは、ジェンダーを「社会が作り上げた女性と男性の特徴(規範や役割など)」であるとしています。文化や時間の経過によって、かなり異なってくるような特徴のことです。これらの違いを認識し、それに対応していくということは、人権を尊重し、効果的な環境保全を推進していくためには欠かせません。

私たちは環境保全を推進する者として、森林を保護し、サンゴ礁を管理し、危機に瀕している種を守るために、コミュニティーとともに働いています。プロジェクトのゴールを達成し、次世代に続いていくような変革を起こしていくために、現地コミュニティーと協働するには、男性・女性・男の子・女の子たちによって構成されているコミュニティー全体とコミュニケーションをとり、教育し、行動を起こすような動機を与えることができなければなりません。だからこそ、彼らがどのようにコミュニケーションをとり、ど…