投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

気候変動が熱帯雨林に影響を及ぼす3つの原因

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの3 ways climate change affects tropical rainforestsを日本向けに和訳編集したものです。

全ての人々が熱帯雨林に住んでいるわけではありません。しかし、全ての人々が熱帯雨林から恩恵を受けています。
熱帯雨林は地球上の約半分の植物と動物の生息地であり、大気中の二酸化炭素を吸収するのに必要不可欠な役割を果たしています。この熱帯雨林を伐採することは、二酸化炭素を大気中に放出し気候変動を引き起こすことに繋がります。実際に、森林破壊は人為的に誘発される炭素排出量の約15%を占めていることが分かっています。
複数の研究結果は、気候変動が熱帯雨林を害していることを示しました。しかし、まだ希望はあります。Human natureは熱帯雨林保全のためのインターナショナルデーに、3つの問題点と将来性のある解決策を調査しました。この 3つについて紹介していきます。

1.気候変動は森林劣化を引き起こす
2050年までにアマゾンの気温は2〜3度上がり、干ばつが激化することが予測されています。
コンサベーション・インターナショナルのアーリーワーニングシステム担当ディレクターのキャリン・テイラーは「明らかに、干ばつの激化は山火事の原因となり、それは森林地域におけるさらなる炎の拡大を引き起ことが懸念され問題となっています。」と語っています。
アマゾン川流域の研究では、気温上昇は10〜20%の降雨量減少を誘引すると予測されています。気温が上昇するにつれて、森林火災も増えます。熱帯雨林の年間降水量は通常2540mmですが、年々減少しており、結果的に連鎖反応を生みだしています。
「特にアマゾンの熱帯地方では、森林は燃え尽きることはないほど広大です。そのため、一度でも森林が燃えてしまえば 炎はどんどん拡大していき森林は劣化してしまいます。また、一度山火事の起きた森林は再び燃えやすくなってしまいます。火を防ぎ、森林の回復力を強化することで、森林の健全性を保ち、劣化を防ぐことがとても大切です」とタボラは語ります。
グッドニュース:テイラーは森林火災の監視と警告のためのシステムであるFirecastを開発しました(

スターバックスが業界の取り組みを変え始めた~最新のC.A.F.É. プラクティスレポートより~

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの”Coffee giant changing the sustainability game, report shows”を日本向けに和訳編集したものです。

”サステナブル・コーヒー’の真の意味は?

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの”Sustainable coffee: What it really means”を日本向けに訳したものです。

エディターズノート:9月29 日はアメリカのナショナルコーヒーデーです。9月中、CIのブログではコンサベーション・インターナショナルの持続可能なコーヒーの取り組みを中心に紹介していきます。


コーヒー豆のパッケージについている“持続可能に栽培された(sustainably grown)”というラベルが何を意味しているのか気になったことはありませんか?


コーヒーを持続可能に栽培するということは、自然を保全しながら、コーヒー栽培に携わる人々にとって、より良い生活が提供されることを意味します。非持続可能なコーヒーの生産は、森林破壊や水質汚染を引き起こし、そして労働者の搾取に繋がります。


コーヒー農家の人々は、 気温上昇や、予測不可能な降雨パターンなど、気候変動の影響にますます対処していかなければならない状況になっています。気候変動へ適応していくために、農家の人々はコーヒー栽培農地を、より標高の高い場所に移し、病気に強い樹種に資金を払っています。しかし、これらの対策だけでは十分ではなく、コーヒー農家の人々は、今後もコーヒーを作りつづけるために、さらなる助けを必要としているのです。


コンサベーション・インターナショナルが開始したイニシアティブ、「サステイナブル・コーヒー・チャレンジ」に参加してください。このチャレンジは、コーヒーを世界で初めて完全に持続可能な農産物にし、持続可能なコーヒーへのより大きな需要を促すために、コーヒーに携わるすべての人々(生産者、トレーダー、ロースター、小売業者)が団結するためのプラットフォームです。


このチャレンジを通じながら、コンサベーション・インターナショナルと、スターバックスやマクドナルドを始めとする100以上のメンバー組織は、コーヒーを世界で初めて持続可能な農産物にするために今も共に取り組んでいます。


持続可能なコーヒーについてのより詳細な情報はこちらをご覧ください。


by Olivia DeSmit(コンサベーション・インターナショナル、スタッフライター)


翻訳協力:藤沢悠佳
編集:CIジャパン