投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

アニマルラブ ~動物たちのちょっと変わった8つの愛の表現方法~

イメージ
本ブログは、CI本部ブログのAnimal love: 8 weird ways species get it on を日本向けに和訳編集したものです。
By モリ―・ベルゲン


エディターの言葉;
今日はバレンタインデーですね!恋愛は人間にとって複雑なものですが、ある動物たちにとってはもっと複雑です。バレンタインデーにちなみ、世界的に有名な霊長類学者で元CIのラス・ミッターマイヤー博士に教えてもらった動物たちの多様な愛の育み方をご紹介します。
1. オスのカカポは、近くにある木が実を結んでいるときにだけ交尾ができるカカポはニュージーランドに生息している夜行性の空を飛ばないオウム。この絶滅危惧種のオウムのオスは、山のてっぺんまで登って愛情表現のための場所を作ると「ブンブン」と何百回も鳴いてメスにアピールします。けれどもメスは3,4年に一度ある特定の種の木(リムノキ)が実をつけた時にしか、オスに関心を示しません。なのでオスは何千回も何万回も「ブンブン」鳴いてようやくメスを引き寄せることができるのです。

2. 大きな睾丸のサルは、歯ではなく精子で戦う ブラジルの大西洋岸森林に生息する南アメリカのクモザルの中で一番体長の大きいウーリークモザルは、体の大きさに見合った大きな睾丸を持っています。メスが発情しているときにオスは順に交尾します。一番精子を出したオスが、子どもたちの父親になります。それでもウーリークモザルはメスをめぐってケンカをすることはほとんどなく、オス同士には仲間意識が生れています。 3. カナダでは、毎年何千ものヘビが集まって交尾パーティーをする
「スネークダンス」の様子 (ヘビが苦手な方はご注意ください!)
マニトバ湖周辺の鍾乳洞の周りには地質学的にレッドサイドガータースネークにとっての絶好の交尾スポットです。春になると、洞窟で冬眠していたスネークたちが一斉に出てきて、交尾するメスを探します。オスは大群の中からメスを探しているうちに、ボールのように絡まってしまうこともあります。
4. ワオキツネザルはメスが仕切っている
マダガスカルのワオキツネザルの社会はメスが支配しています。メスはオスをこてんぱんにするだけでなく、メス同志の中にも力関係があり、下位のメスはとても大変です。

5. カメがデートをする資格は…丸くて、近くにあること? カメはちょっとでもカメに似ているもの…

SDGsとチョコレートーみんなが美味しい笑顔なチョコレート

イメージ
明日はとうとうバレンタインデーですね!みなさんもう大切な方に贈るチョコレートは選ばれましたか?国によっては男性がお花をプレゼントするというようなところもあるようですが、日本では恋愛対象の方だけでなくお友達や家族、普段お世話になっている方にもお店で買ったチョコレートや手作りのチョコレートを贈る大きなイベントですよね。さて、みなさんが手にしたチョコレート、その先にあるのは笑顔でしょうか?それとも・・・?

先日J I C Aが開催していた「SDGsとチョコレート」というイベントに参加してきました。こちら実は「開発途上国におけるサステイナブル・カカオ・プラットフォーム」というカカオ産業を社会的・経済的・環境的に持続可能にしていくことを試みる新たな取り組みの第一弾のイベントでした。私はチョコレートが好きで普段からbean to barのものやフェアトレードのものを試してみたりすることはあったものの、カカオ産業の持続可能性についてじっくり考えてみたことがなかったので学んでみたいなあというのと、カカオ産業の持続可能性ってCIの目指すHuman well-beingの世界と重なるものがあるのではと思いお邪魔してきました。当日はカカオ産業に様々な切り口で携わっている各企業や団体の皆さんの取り組みについて聞く機会ができ良い学びの時となりました。「SDGsとチョコレート」で学んだこと、インスピレーションを受けた3つのポイントを皆さんにもちょっとだけシェアします! 
1.チョコレート×森林保全  
チョコレートの原材料であるカカオはカカオベルトと呼ばれる地域で生産されています。皆さんお馴染みのガーナなどの西アフリカ諸国(生産量は実はコートジボワールが1位なのです)、マダガスカル、ベトナム、インドネシア、ブラジル、ペルー・・・。どの地域も生物多様性が非常に豊かで国土面積の熱帯雨林が占める部分が大きい国です。一方で森林破壊が進んでしまっている地域でもあります。現金収入になるカカオ生産のために農家の方が森林を切り拓くというのはこれらの地域では多くあることです。森を切り拓いてカカオの苗を植え、化学肥料や農薬なども利用する日向栽培の手法は一時的には生産量が増えるものの、徐々に土地が痩せていってしまって長期的にみると収量が落ちてしまう「持続不可能」な手法です。環境汚染だけではなく農家の方の健康面のリス…