2010年12月11日土曜日

【COP16】最終日

最終日になりました。

現地時間17時、LCAの最終交渉文書がでました。数時間かけて各国が内容を検討し、今夜、全体会合で採択されるか否か決まります。

今回、CIがもっとも力をいれているREDD+については、このLCAの交渉文書の中で、対象となる活動、途上国と先進国が取組むべき内容、セーフガード、資金など、REDD+をUNFCCCの枠組みの中で進めていく上で重要な項目が示されています。

COP16前、そしてCOP16期間中も、交渉の結果を受けて何度も改定されてきたLCA交渉文書。改定のたび、私たちはその内容を検討し、 UNFCCCの決定が、REDD+が森と生きる先住民や原生生態系への負の影響を確実に食い止め(セーフガード)、そして森林減少・劣化の防止を最大化するものとなるよう、様々なチャンネルを通じて働きかけてきました。

17時にでた最終交渉文書は、REDD+を前に進める、私たちとしても満足できる内容です。
カンクンに集まっている各国リーダーの皆さん、皆さんの肩に今後失われるかもしれない森林、そこ
にすむ動物、そして私たちの未来がかかっています。



CIジャパンの公式ホームページはこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。