自然環境保護を通じた女性のエンパワメント


3月8日は国際女性デー

1904年3月8日、ニューヨークで婦人参政権を求めて起きたデモをきっかけに国連が定めた「国際女性デー」は、”誰一人取り残さない”ジェンダー平等社会や女性のエンパワメントを考える日です。コンサベーション・インターナショナル(CI)が持続可能な社会を目指して推進する保全活動の中でも、女性たちは多くの重要な役割を担い、大切な家族、地域コミュニティ、そして社会に貢献しています。特に、農山漁村地域を主とする多くのCI活動地において、女性たちは、土地を耕し、種をまき、水を汲み、食料を確保するなど、大切な役割を果たしています。

一方で、自然との距離が近い生活を送っているために、気候変動による深刻な影響を真っ先に受けていることを感じ取っているのも女性たちです。私たちは、地球環境を効果的に保全し、健やかで持続可能な世界を構築していくためには女性たちのリーダーシップがカギであり、気候変動対策を推進する上でも、重要な役割があると考えています。

支援の現場から:カンボジアにおける女性のエンパワメント

CIの食品衛生のワークショップに参加したSophyさん。今までより衛生面に配慮した魚の加工品を作ることができるようになり、以前より価格を上げて商品を販売できるようになった。
(© CI/photo by Molly Bergen)

カンボジアにある東南アジア最大の湖、トンレサップ湖周辺には、雨季に浸水する林が広がっています。季節によって大きく環境が変化する浸水林は、生物多様性、そして持続可能な漁業にとって欠かすことのできない重要な生態系は、メコン川流域で暮らす1,000万人の人々の生活を支えています。しかし、非持続的な漁業や森林破壊、森林火災、そして気候変動の影響によって自然環境だけでなく、人々の生活も脅かされています。

水産加工施設で団らんするCIの女性の水産加工グループのメンバー。
(© CI/photo by Leah Duran)

CIは、現地コミュニティの女性たちと共に自助グループを立ち上げ、経済面での支援を行っています。また、今までの非持続的な魚の燻製方法から、環境に配慮した、より少ない薪で使用することのできる燻製器を導入し、自然の養殖場であるトンレサップ湖を守っています。この支援が始まって以来、売り上げが32%も上がり、女性の経済力が向上しました。そして女性たちが漁業コミュニティでの意思決定に携わり、ビジネスに関与する機会が広がりました。また、この地域の女子児童の就学率は60%向上し、未来の社会を担う、子どもたちの教育機会の創出にもつながっています。このような支援を通じて、環境や衛生面に関する知識の向上、マーケティングのトレーニングも提供され、現地女性の社会的エンパワメントに貢献しています。

冒頭写真:日没にトンレサップ湖で釣りをする女性(© Kristin Harrison & Jeremy Ginsberg)


コメント

このブログの人気の投稿

生物多様性はなぜ大切なのか?

アニマルラブ ~動物たちのちょっと変わった8つの愛の表現方法~

ジンベイザメを守り、美しい海を後世に残すージンベイザメ保護プロジェクト