女子教育と気候変動


女の子のエンパワメントの気候変動対策における役割について考えてみたことはありますか?今日は女の子の教育と気候変動の関係についてご紹介します。

たとえば、サブサハラ・アフリカでは、約5200万人の女の子が学校に通うことができていません。これは、雇用の機会の損失や貧困だけでなく、気候変動に対するレジリエンス力の低下も意味しています。女の子の平均通学年数が上がれば上がるほど、国の気候変動に対するレジリエンス力が圧倒的に向上するということが研究でわかっています。

「一緒に考えられることは滅多にないですが、女子の教育機会の向上と気候変動は密接に関わっています。」とコンサベーション・インターナショナル でアフリカ地域の環境保全活動に携わっていたアリス・ルウェザはオールアフリカ誌でコメントしています。

コンサベーション・インターナショナルが南アフリカ現地の教育省と保健省と協力し、マニャンガナ高校でリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)とファミリープランニング(家族計画)のプログラムを実施した際、わずか1年足らずで女性生徒の妊娠が年間16人から1人まで減少し、3年間で女子生徒の高校卒業率が32%から99%まで向上しました。

「今、サブサハラ・アフリカで学校に通うことができていない5200万人の女の子が教育の機会を得ることができれば、彼女たちはアフリカや地球の未来を変え、世界の問題の解決策を編みだすリーダーに成長するでしょう。」

アリス・ルウェザの記事全文(英語)はこちら
Africa: Why Girls' Education is Key in War Against Climate Change

カバー写真:©CSA/Green Renaissance

コメント

このブログの人気の投稿

生物多様性はなぜ大切なのか?

アニマルラブ ~動物たちのちょっと変わった8つの愛の表現方法~

ジンベイザメを守り、美しい海を後世に残すージンベイザメ保護プロジェクト