2007年12月12日水曜日

【COP13】世界のYouth Groupも活発に参加してます!



連日、各国の、特に(インドネシア)のYouth Groupが様々なパフォーマンス・イベントを行っている。BICCの玄関の前で『地球を愛し、力を合わせながら地球を守ろう、そうでないと地球は救えない』といったようなスローガンを盛り込んだ、オリジナルの歌を歌いながら、かわいらしいダンスも
披露した、地元のグループを見ました。ニコッリと笑顔を見せながら、こぶしを上にあげ、REDDなどをはじめとするメッセージを掲げたプラカードを持つ、という微笑ましい、彼ら流のデモを行っていました(写真参照)。BICCで硬い議論を繰りげている大人たちにも、Youthの声が聞こえているといいのですが。そのイベントに通りかかった方やプレスからは、拍手喝采があった。私も含め、観覧していた人たちは、楽しい一時を過ごさせてもらいました。

↑ 連日BICCのゲート前では、様々なartisticで、innovativeなデモンストレーションが行われている。昨日は、主要温室効果ガス排出国である先進国に対し、”小切手にサインして、途上国に資金供与を約束せよ”という内容のものである。COPの参加者は必ずこのゲートを通りなくてはならないので、こうのようなartisticなデモはインパクトがある。このようなデモンストレーションを行うのは、欧米系の団体である。

(by Makiko)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。