【COP15】会議のロゴについて

COPの第2回プレナリーで中国がCOP15のロゴにCMP5が無いことについて異議をとなえました。京都議定書があたかも無いかのような表現だということです。これについては、議長が、ようするに、「なにをいまさら」というコメントを返していました。しかし、これはこの後の議論への布石でした。

中国は、これに加えて、COPに参加するために到着した自国の大臣が今朝、受付で入場が拒否されたことについて、苦情を7分にかけて繰り返していました。ポズナンでもこのようなことがあったような気がします。

コメント

このブログの人気の投稿

スターバックスが初めての自社農園を購入

何故先住民族の権利は問題なのか?