投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

【UNFCCCボン準備会合】:総括

6月3日より2週間、ドイツのボンで国連気候変動枠組み条約の準備会合が開催されました。その1か月前には、地球の観測史上で初めて、CO2の大気中濃度が440ppmに到達とのニュースが報道されました。地球上の気温上昇を2℃未満に抑えるために、今年の時点で440ppmに到達するスピードは、今後の気候変動対策が追いつかなくなる事が危惧されました。気候変動は、一刻の猶予も許さない地球全体の問題である事が、改めて現実として突き付けられたのです。  今回のボン準備会合には、170カ国以上から約3千人の人々が参加しました。 今年より、交渉は「ダーバン・プラットフォーム(ADP)」「実施に関する補助機関(SBI)」「科学上及び技術上の助言に関する補補助機関(SBSTA)」の3トラックで進みました。2015年までに、全世界が参加する気候変動対策である「2015年合意」を作り上げ、2020年に実施を開始する。このタイムラインを達成するために、今年はワルシャワで開催されるCOP19前の最後の交渉の場でした。 ADPの交渉は大変ゆっくりとしたペースで進み、SBIに至っては、アジェンダも採択できずに終了するという事態となりました。条約の実施を交渉するSBIでは、途上国の気候変動対策に直結する「被害と損失(Loss and damage)」「国家適応計画」「キャパシティ・ビルディング」など、多くのアジェンダを交渉する大変重要なスロットです。SBIが立ち上がらないことに、多くの途上国は嘆き悲しんでいました。  他方、SBSTAではその分多くのスロットが費やされることとなり、「途上国における森林減少と劣化に由来する排出の削減(REDD+)」をはじめ、多岐のアジェンダにわたり前進を遂げる事ができました。  「2015年合意」に向けて、残された交渉の回数はあとわずかです。気候変動問題は、地球上の全ての国々の協力と努力なしには、達成することができません。2015年合意に向け、全ての国々が様々な知恵を絞り、次世代から感謝されるような世界的な枠組みに合意しなければならない事を、我々全員が胸に刻まなければいけません。人類の叡智を結集させた合意を作るまでに、あと、2年半です。UNFCCCがその舞台である事を、参加する全ての国々が改めて認識し、タイムリミットから逆算しながら国内準備を進めていく事が求められています。このプロ…

【UNFCCCボン会合便り】進め、進め、REDD+交渉!

REDD+のSBSTAは、何と12日(水)時点で、さらに2回のインフォーマル会合が立ち上がりました。本日も、夜遅くまでテキストをつめる作業が続いています。昨日も夜遅くまで、本来ならSBI等が開催される大会議場で、「ドラフティング・グループ」と呼ばれる決議文書をつめる作業が続きました。7つの議題が山積していたREDD+のSBSTAで、このような進展があるとは、誰も予想していませんでした。  今週月曜日に配布されたドラフトテキストは、各国のポジションをひとまずひとつにまとめた雑駁なものでした。しかし、様々な案が交錯する中、全ての案を一つの文書にまとめ、さらに議論を深めながら最終化しいていく、というのは国連の原則に則った公平なプロセスです。各国が大変前向きに取り組んでいます。各国のREDD+の交渉官には、疲れているにも関わらず、会場で声をかけると皆「現在の進捗にハッピー」と応え、笑顔が見られます。
 REDD+の合意なしに、2015年合意は達成できません。REDD+での前進が、COP19の前進の後押しとなる事を祈っています。

【UNFCCC便り】:SBI、行方はどこに?

イメージ
会合2週間目、現地時間の火曜日に、先週よりずっとアジェンダが採択されず止まっていた「条約の実施に関する補助機関(SBI)」が開かれました。先日のブログでも報告したとおり、SBIでは、昨年のCOP18でロシアが意見を言おうとしていたのにも関わらず強硬に議長が採択してしまった事を理由に、「法的手続き」に関する新アジェンダについてロシアがこだわり続け、アジェンダを採択できずにいます。結果から報告すると、3時間をかけて話したにも関わらず、SBIのアジェンダを採択することができませんでした。  ロシア、ベラルーシ、ウクライナの3国は、完全に会議場で孤立した状況にも関わらず、ポジションを変えませんでした。様々な途上国で構成されている「G77チャイナグループ」、「アフリカグループ」、「最貧国グループ」や、全ての先進国、ラテンアメリカグループが議題の採択に賛同しています。  交渉はSBI議長からのアジェンダ採択のための妥協案として、「Solution Box」と名付けたもの(1週間以上水面下で協議したもので、ロシアの意向をぎりぎりまで反映したもの。このような事態が起こることすら、前代未聞)を、昨週からのプロセスを細かく説明した後、始まりました。その後、ロシアがばっさりと妥協案を否定。それに対し、途上国含む様々な国々が議長を支持するとの意を表明。 特に印象的だったのは、シンガポールの交渉官の発言です。UNFCCCのプロセスや議題を変更するという事自体が認められるべきでない、という多国間交渉の原則についいて、法的解釈も含め、素晴らしい発言をし、会場中から拍手を受けていました。 最後に、議長がさらに反対する3国に対し理解を促しましたが、指示を得られず。そこで、15分間の休憩となりました。     会議再開後、フロアをとったのはロシア。30分以上にわたり、自分たちがなぜこの「法的手続き」のアジェンダにこだわるのかを、自らの立場から演説し、議長の提案に対しては何としても合意できないとの意を表明。その後、多くの国が反対意見を表明しましたが、3カ国の合意を得られず、終わりました。  本日水曜日時点で、SBIの予定はアジェンダに含まれていません。これ以上議論していても無理だという理解が伝わってきます。今後は水面下での様々な交渉で、COP19までに無駄にした8日間以…

【UNFCCC便り】:REDD:SBSTA共同議長によるドラフト案アップ!

イメージ
副代表Yです。UNFCCCボン準備会合に参加しています。2週間目の月曜日、午後2時、先週より交渉やドラフティング・グループが進んでいたREDD+のSBSTAの、共同議長によるドラフト案が配布されました。以下のリンクからダウンロード可能です(↓)。 http://unfccc.int/files/meetings/bonn_jun_2013/in-session/application/pdf/sbsta38_i4_10jun2013t1400_dt.pdf
「国家森林モニタリングシステムと計測、報告、検証(MRV)」、「セーフガード」、「森林減少の要因(ドライバー)」に関するアジェンダでは、今年ポーランドのワルシャワで引き続き開催されるSBSTAで議論を深め、COP19での決議案を作成する事が提案されています。その他、「非市場アプローチ」と「炭素以外の便益」のアジェンダについては、今後締約国やオブザーバー団体(UNFCCCに登録しているNGOなど。CIも含まれます)からの意見提出を求める予定です。
 現時点ではそれぞれのアジェンダにAnnexがついており、色々な国が提案した内容がごった煮の状況です。現地時間の火曜日、さらにこのテキストをまとめるための交渉が進んでいます。クローズドのセッションなので、私は入る事ができませんが、「今回の交渉ではREDD+が一番前進を続けている」と言うのは、既に参加者の共通理解となっています。内容がまとまらなくとも、各国が前向きに議論し、テキストをまとめ、さらにオプションについて議論していく。国連交渉の本来の姿が、見られます。
 昨日の月曜日は、別途「REDD+の結果に基づく支払い」に関するワークショップも開かれました。ここでも、先進国、途上国双方からのパネリストが壇上に並び、それぞれの認識を発表した後、各国やオブザーバー団体からの意見徴収が行われました。  尚、本日、やっと、午前11:30よりSBIが開かれます。2週目まで議題の採択を拒み続けていたロシアと水面下でコンセンサスが取れたのかは、分かりません。強行開催に踏み切る模様なので、実際に何が起こるかは、会議が始まってみないとわからない状況です・・・。ロシアが自国の威信のため(?)にアジェンダを拒み続けてきたことに、先進国はもちろん、多くの途上国からも非難の声があがっており、おそらく荒れ模様…

Satoyamaイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)ワークショップ in ネパール

イメージ
Satoyamaイニシアティブは、CIの理念と非常に共鳴する国際的なイニシアティブです。Satoyamaイニシアティブは、農林水産業の生産活動をしながら生物多様性を維持している社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SELPSを対象に、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進することで、自然と調和する社会を実現しようとする、世界規模の挑戦です。名称を日本語で書くときにも「里山」と漢字にしないのは、意味するものが国内の里山環境に限定されず、もっと幅の広いコンセプトととなっているからです。環境省と国連大学の主導により立ち上がったこのイニシアティブには、CIも初期の段階から関わってきました。CIは、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約締約国会議(COP10)から始まった“Satoyamaイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)”の創設メンバーの一つです。
「Satoyama」という単語は農村部を意味する日本語ですが、里山・里海のような景観は、東洋・西洋・先進国・途上国の別なく、地球上のいたるところにあります。IPSIは、世界全体で持続可能なランドスケープを構築することを目指す唯一の仕組みであるといえます。取り組みの影響をより高めるため、IPSIは、SELPSにおける経験の共有と問題解決に関するワークショップを地域ごとに開催していくことにしています。
5月14日~16日にかけて、ネパールのカトマンズにおいて、初めての地域ワークショップが、アジア地域を対象に開催され、15カ国から、59名が参加しました。ワークショップは、ネパールの森林・土壌保全省のTek Bahadur Thapa Gharti大臣がネパールの伝統的な方法(キャンドルに火をともし、植物に水をあげる)で開会を宣言しました。そして、いずれもIPSI運営委員のネパールの森林・土壌保全省Krishna Chandra Paudel長官と地球環境ファシリティ(GEF)の渡辺陽子さんが議長を務めました。
このワークショップは次の三つを目的としていました。
1)アジア各国からの情報と経験を共有する
2)里山イニシアティブと関連する活動のコンセプトを広げる機会を見つけるためにギャップやニーズを明らかにする
3)地域から世界規模にわたり,活動計画とIPSIの戦略の発展に貢献する
小グループに分かれて有益な議論が交わさ…

【UNFCCCボン会合便り】番外編:何か違う、今年のドイツ

イメージ
交渉第2週目、現地時間月曜に突入しました。先週ボンに到着した際は、肌寒い程の天気でした。先週の後半から気温がグンとあがり、楽しみにしていたホテル横の家の庭のバラが、先週末にやっと咲きました。

しかし、週末日曜日と、本日月曜日は、雨模様。また肌寒い気候に逆戻り。ライン河の増水もまた心配され、日曜には河のほとりを心配そうに訪れる住民の方たちの姿も目にしました。

 現在、適応のアジェンダの下で議論されている項目に「損失と被害(Loss and Damge)」というものがあります。これは、主に途上国側で懸念されている、今後の気候変動による被害に対し、どのように損失を補てんしていくか、という議題です。しかし、この議題は果たして途上国側だけの問題なのでしょうか?日本も、2011年のメコン川の氾濫により、タイに生産工場を置く多くの日本企業が多大な損失を受けました。日本企業は、この経験から、世界の工場の生産ラインを利用したサプライチェーンにおけるリスク分散など、多くの事を学びました。「損失と被害(Loss and Damge)」に対し、先進国側は巨額な費用が必要とされるのではと警戒を示しているようですが、気候変動はもはや先進国vx途上国という構造で考えていては、対処できない問題になってきていると感じています。途上国の被害は、先進国の被害にも必ずつながります。

【UNFCCC便り5日目】:REDで熱くREDDを動かそう!

イメージ
会合開始5日目、現地時間6月7日(金)の午後に、REDD+のワークショップが開催されました。議題は、「REDD+実施支援のためのコーディネーションの改善について」です。REDD+は現在様々な途上国で、多様な進捗を見せています。資金を独自に獲得し、実施段階に入っているプロジェクトを多く持つ国がある一方、世界銀行のFCPF等、国際機関経由の資金が実際に途上国で使用できるまでに時間がかかり過ぎるとの不満を、多くの途上国が抱えています。今後のREDD+実施促進を危惧した途上国側の提案により、本ワークショップが開催されました。  まず、熱帯雨林を有する国々50カ国以上が参加する「Coalition for Rainforest Nations(CfRN)」より、今後の枠組みの中で、資金のフローも含めREDD+を統括管理組織を立ち上げるべきとの提案が、パプア・ニューギニアから発表されました。  続いて、米国より、REDD+を支援する既存の資金メカニズムや組織を利用すべきである、新たな組織を立ち上げることは時間がかかりかえってREDD+促進の阻害要因となるとの趣旨の発表がありました。  真っ向から対立するポジションですが、この問題は簡単に「途上国vs.先進国」という構図で整理できない、奥の深い課題です。PNGの発表には、アフリカ諸国等、多くの国々が賛同を示しました。REDD+の資金獲得に向け、能力開発が追いつかず苦労している国々が多い印象を受けました。一方、途上国の中でも早くからREDD+に積極的に取り組み、自国の削減目標にREDD+を組み込む事を予定している国々は、必ずしもREDD+の統括管路組織の立ち上げに賛同しているわけではありません。逆に、プロセスが遅れるのではと懸念を示している国もあります。  その後、ブラジルからのプレゼンテーションの後、会場では時間内に治まりきらないほど大変活発な議論が展開されました。国連の交渉なので様々な見解があるのは当然ですが、全て「REDD+を前進させたい」という気持ちからの切実な意見です。  他方、SBIは、交渉5日目に入ってもアジェンダが採択できず、スタックしたまま。盛り上がるREDD+の交渉とは、大変対照的な状況です。この状況を利用してか、UNFCCCのフィゲレス事務局長が、REDD+のワークショップ後に記念撮影のために会場を訪問しました。交渉官…

【UNFCCCボン会合便り】:CIサイドイベント:「REDD+能力開発ツール」発表

イメージ
現地時間6月7日(金)です。本日は、昨日木曜日の午後6:30からCIが主催したサイドイベント「REDD+に取り組むために必要な知識とスキル:ケーススタディと新ツール」の様子をご報告します。
 途上国の森林減少と劣化に由来する排出の削減(REDD+)は、実際の活動計画を策定したり、活動を実施するにあたり、多くのステークホルダーの人々がそのコンセプトを正確に理解している必要があります。他方、就学率や識字率も著しく異なる途上国においては、政府から実際に森林に居住する住民の方々まで、REDD+のコンセプトを正しく理解するよう能力開発する事が、大きな課題となっています。今回、CIでは、以下にあげる様々なステークホルダーをスピーカーとして迎え、この課題と解決方法について会場と意見交換をするサイドイベントを開催しました。 ・ガーナ政府より、自国のREDD+の進捗に加え、キャパビルが必要とされている多様なステークホルダーとニーズについて発表がありました。 ・コスタリカ政府より、生態系サービスへの支払い(PES)を法制化した事により、一時期は20%まで落ち込んでいた森林被覆率の回復に成功した例と、REDD+に現在必要なのは実施のための財源であるとの発表がありました。 ・IUCNより、世界各地で実施してきたREDD+の能力開発事業の発表がありました。 ・RECOFTC(NGO)より、REDD+の能力開発を世界各地で実践してきた知見の発表がありました。REDD+を理解するために、政府とコミュニティには全く違うアプローチや言語を使わなければいけないこと、女性への啓発の重要性が発表されました。

最後に、CIより、現在最終コメントを受付ておおり、今年の夏に発表予定のREDD+能力開発ツールの概要が発表されました。本マニュアルは、REDD+に必要な知識をカテゴリーごとに集約し、REDD+の実施に向け様々なステークホルダーが情報を迅速に収集し、理解するためのツールです。  実は、(毎回の事ですが)、今回のサイドイベントの時間帯は、REDD+のドラフティング・グループの時間とばっちり重なってしまっていました。ところが、昨夜は寸前でドラフティング・グループが翌朝に延期となったため、続々とお知らせをお送りしておいたREDD+交渉官の方々が会場に聞きに来て下さいました。このため、情報交換セッションでは、各国の交渉官や…

【UNFCCCボン会合便り4日目】:REDD+交渉、前進続ける

イメージ
現地時間6月6日(木)、交渉開始4日目に突入しました。今日は2つのトピックをご報告します。
1.SBI、アジェンダ採択をブロックされたまま4日目に突入! 実施に関する補助機関 (SBI 38)では、月曜日に開催された会合で、ロシア、ベラルーシ、ウクライナの3国がアジェンダの採択に反対したまま強硬な姿勢を貫き、4日目に突入しました。アジェンダが採択できないため、会議自体が開催できずにいます。3カ国は、主に会議での決定の仕方や法的扱いなど、手続き的な事に関する理由でアジェンダの採択を拒んでいます。脳裏に甦るのが、昨年ドーハで開催されたCOP18で、ロシアが机に自国のネームプレートを叩きつけながら発言を求めていたのにも関わらず、議長が強硬に決議を採択した様子です。ロシアは京都議定書において、経済成長が停滞していた頃に削減目標を設定したため、実質的に世界の温室効果ガス削減に結び付かない削減クレジット「ホットエア※1」を生みだす結果となりました。昨年のCOP18で、先進国が次々と「ホットエアは購入しない」との宣言を続け、ロシアの必死のアピールにも関わらず、決議に持ち込まれました。決定は、決定。くつがえすことはできません。ロシアは会議2日目に、既に気候変動交渉にマイナスの貢献をした国として「化石賞」をNGOから贈られています。月曜以降、水面下で様々な交渉が行われている模様で、何度も「X時からSBI開催予定」というアナウンスがTV画面に映し出されますが、結局開催されずに終わっています。このような妨害行為が、今後その他の交渉に拡がって行くことが、一番懸念されます。

2.REDD+交渉、怒涛の勢いで進む! SBIとは対照的に、現時点で怒涛の勢い(?)で進んでいるのが、SBSTAのREDD+の交渉です。REDD+は、昨年のCOP18で資金問題のあおりをうけ失敗した交渉課程を回復させようと、各国の交渉官の意気込みが違います。実は、REDD+には、SBSTAだけで7つの議題が山積みとなっていました。現在までに、「森林モニタリングと測定、報告、検証(MRV)」、「セーフガード」、「森林減少の要因(ドライバー)」、「参照レベル」「炭素以外の便益」の議題が協議され、本日午後2時には、既にセーフガードとドライバーのSBSTA決議ドラフトが配布されました。本日夜7時からは、「森林モニタリングとMRV」を…

ドイツ、ボンで国連の気候変動会議が始まる:UNFCCC準備会合

イメージ
副代表のYです。ドイツのボンで6月3日より2週間開催される気候変動枠組み条約の準備会合に参加しています。今年で3回目となるこの時期のボン会合参加。着陸時、飛行機から下を眺めてびっくり仰天。ライン河が氾濫していて、車や住宅が水没しています。いつもの出張先である途上国にやってきたのかと思ってしまいました。EUの交渉官に聞いてみたところ、今年は異例の降雨量のため、各地で川が氾濫。更に、6月だというのにまだ肌寒い気温が続いています。毎年楽しみにしていたホテルの隣家の庭のバラも、まだ蕾のまま。ドイツ全体で、平均気温より2℃程寒いとのこと。ヨーロッパ全体で寒い日々が続いており、先日ロンドンを訪れた友人は、気温5℃でまいった、と言っていました。異常気象は、様々な形で地球上に現れ始めているような気がします。
さて、今回の会議では、主に以下の2つのテーマを追っていきます。

1) 今年11月末よりポーランドのワルシャワで開催されるCOP19までに、ダーバンプラットフォーム(ADP)においてどの程度各国が歩みより、進捗を見せられるか 
2) 途上国における森林減少と劣化に由来する排出の削減(REDD+)の技術的交渉が、どのような展開を見せるか  その他、CIが主催・協力するサイドイドイベントも盛り沢山です!
 通常、会議の1日目はアジェンダの採択で終わるのですが、到着したところ、SBSTAでは月曜日早々にREDD+のセッションが開かれていました。これはやや驚きの展開です。REDD+は、昨年のCOP18以前は、数多くあるアジェンダの中でも最も途上国が積極的に興味を示す議題で、交渉も比較的前進を続けていました。ところが、昨年のCOP18では資金問題が全てのアジェンダに影響を与える形となり、REDD+もそのあおりをまともに受けました。技術的な課題を交渉するSBSTAでも資金問題の文言が入り、アジェンダを一つも採択する事ができなかったのです。

 このため、今回はSBSTAだけでも、7つのアジェンダが山積。一方、今回ボンに到着してみたところ、どうもREDD+の交渉を一つのモデルとして動かし、COP19に何かしらの前進の兆しを見せよう、という気運が各国の交渉官の中に見られる(?)ようです。昨年COP18では余りにも多くの無駄な時間が費やされてしまいました。楽観的になるのはまだ早いかもしれませんが、ひとまず順調…