2011年7月14日木曜日

中国の植林風景

中国・青海省に来ているNです。

会議2日目(713日)の午後は、植林事業地の視察が予定されていたのですが、雨のため中止になり、代わりにチベット仏教のお寺のツアーが用意されました。めったに来られないところなので、参加しました。でもこれはCIのブログなので、その筋は外さず、お寺の周辺の植林の様子についてお知らせします。

写真で分かる通り、ものすごい傾斜地ですが、ものすごく行儀よく植えられています。樹種まで分かりませんが、針葉樹です(分からないにしてももう少し専門家らしいことが言えないものかと思いますがお許しください)。それにしても、ものすごい労力だと思います。

中国では、急速に森林面積が増えているのですが、生物多様性に配慮されているとは言えないところが多いそうです。ほおっておいたら政府が植林してしまうのだが(理由としては砂漠化防止対策、水源対策など、環境面の理由はあるのです)、それでは生物多様性面の影響が抜けてしまうので、CI中国などは、「民間」でプロジェクトをしようとしています。その活動を可能にするには、どうしてもカーボンクレジットが必要なのですが、デフォルトで政府の植林があるので、追加性の証明に頭を悩ませています。生物多様性とコミュニティー面では追加性を示せるのですが、カーボンの部分で壁にぶつかるという、他とはちょっと違ったケースです。これから一緒に悩んでいくことになりそうです。





CIジャパンの公式ホームページはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。