2011年7月12日火曜日

美しい森といのちの物語

広報スタッフAIです。



今日は、本のご紹介です。
長年CIとお付き合いを頂いている、名古屋市立大学大学院の香坂玲先生が新しい本を出されました。
「森林カメラ」(アサヒビール・清水弘文堂書房)は、人間社会における、さまざまな角度から捉えた“森林”の持つ役割や、使用されたイメージをケーススタディとしてたくさん紹介しています。直接的に森林の保護を訴える環境系の本と違い、森林自体のイメージ的な取扱われ方によって、その背景やそれらがもたらす影響にどういった変化があるのか、間接的に環境問題について考えるきっかけを与えてくれる本です。

この本を読んだあとは、森林についてこれまで以上に身近なイメージを持つかもしれません。また、街中で自然の風景が使われた広告イメージを見たときには、その撮影された意図や背景についても考えるようになったり・・・おすすめです。


書籍についてのお問い合わせ
清水弘文堂書房 TEL: 03-3770-1922

CIジャパンの公式ホームページはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。