2011年12月9日金曜日

【COP17】ダーバンでの着地点は?

交渉最終日、9日金曜日です。現時点で、ダーバンでの合意がどのようなものになるのか、方向性が見えません。テーマごとに進捗を見せている交渉はあるものの、最終的にどのようなパッケージを着地点とするのか、昨年のメキシコのような、ホスト国からの提案文書もなく、いまだに閣僚級、交渉官級での交渉が同時並行で進んでいます。おそらく、交渉は明日未明まで及ぶでしょう。最終的に、ダーバンで着地点をどこに見出すのか?そのシナリオが見えず、今日の交渉予定も全て流動的。少しでも明るい報告ができるよう、残された20時間(?)あまり、閣僚、交渉官の皆さんが必死で取り組んでいます。昨年のカンクンような、大どんでん返しはあるのか。アフリカで開催されるCOPだからこそ、途上国への気候変動支援の枠組みとなる「緑の気候基金」の創設など、今年決定しなければいけない決議事項が、たくさんあります。もちろん、REDD+の決議もそのうちの一つです。期待とともに、残された時間を過ごしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想やご意見をコメントしてください。