投稿

【SDGs未来都市】石川県白山市イベント参加レポート! by日比保史

イメージ
3月23-24日と、石川県の白山市へ行ってきました。白山市は、昨年、内閣府のSDGs未来都市事業に選定され、僕はご縁あって未来都市選定に合わせて白山市のSDGsアドバイザリーボードのメンバーを務めさせていただいてます。

23日は、白山市SDGs推進デーとして、公開シンポジウムとワークショップが開かれ、パネラーとして登壇させていただきました。パネルディスカッションでは、地元の金沢工業大学の学生さんたちが考えた「白山手取川ジオパークを軸とした未来都市アクションプラン」の発表を受けて、ジオパークの意味合い、SDGsへの貢献、白山市としての今後の課題などを、金沢工大SDGs推進センター長の平本督太郎先生のファシリテーションで、いつもお世話になっているIUCN日本委員会会長の渡邉綱男さんらとともにディスカッションしました。

金沢工大の学生さんたちが考えたアクションプランは、大きく8つのアイディア(ハクサンのハチコのアイディア)からなっていて、自然豊かな山間部での全寮制学校をベースにした若者育成を目指す“ハクサンステイスクール”、白山手取川ジオパークを核としたエコツーリズムである“ジオローカルツーリズム”、そしてジオパーク内のタイムシェアオフィスである“リゾートシェアオフィス”など、なかなか魅力的なアイディアがいっぱいです。(個人的には、リゾートシェアオフィス推しです!)

パネルディスカッションの常で話す時間が限られていたので、話し下手と相まってどこまで思いが伝わったかはわかりませんが、僕からは、持続可能な開発(“将来世代のニーズを損なうことなく、現生世代のニーズを満たすこと(1987年ブルントラント委員会)”)の源流は、1980年にIUCNが発表した世界自然保護戦略における「自然保護(コンサベーション)」の定義、すなわち「『生物圏(自然)が、将来世代によるニーズを満たしつつ、現生世代に最大限の便益をもたらすことが出来るよう、人間による生物圏の利用を適切に管理』すること」にあること、そのことからもSDGsの根幹には自然の保護があること(SDGsウェディングケーキ)、だからこそジオパークを核としたSDGs未来都市戦略は極めて“自然”であること、しかしながら白山市が持つその“自然”を持続的に保全していくための仕組み(特に保全・保護コストの経済への内部化)がアクションプランからは…

生物多様性はなぜ大切なのか?

イメージ
本ブログは、CI本部ブログ「Human Nature」のWhy is biodiversity important?を日本向けに和訳編集したものです。 

By ジュリー・シャウ
コミュニケーションディレクター
クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金




「人類は野生動物の絶滅を食い止めなければならない、さもなければ、人類が絶滅の危機に瀕するだろう」- 国連のメッセージ

「生物多様性保護に関する新たな協定を結ぶには2年間を要します。」国連生物多様性条約の事務局は、英紙ガーディアンのインタビューにそう答えた。その二日後に始まった第14回生物多様性条約締約国会議に集まったEUと195カ国の加盟国は、2週間をかけ、種の絶滅の流れを食い止めるための様々な話し合いを行った。

人類の存続が大切なことはもちろんである。しかし…

「生物多様性は地球上にある生命の総称です。種の絶滅は、地球全体の安定性を損なうほど危機的な状況なのです。」生物多様性ホットスポット保全のための国際基金である、クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)事務局長、オリヴィエ・ラングランは言います。 「しかし今、政府や企業、市民グループ、そして地域社会が協力して取り組めば、この危機を食い止めることができると、私たちは信じています。」


生物多様性は、人類にとってどれほど重要なのでしょうか?
なぜ、地球の安定に生物多様性が必要なのでしょうか?
以下に4つの理由を紹介します。


1.野生生物は、人が生きていく上での欠かすことのできない地球そのもの

1980年代に、保全学者のポール・R博士.とアン・エールリッヒ博士は、種と生態系の関係は、鋲と飛行機のウイングのようなものだと明言しました。つまり、一つを失っても大災害 にはならないかもしれないが、それぞれの損失が深刻な問題の可能性を高めていくということです。

アマゾンの奥地でも、北京のような大都市でも、人間は淡水や受粉、土壌の肥沃度、安定した大気、食糧や医療など、自然生態系が提供する生態系サービスに依存しています。生物多様性の喪失によって惑星が弱体化してしまうと、増え続ける人口の需要に反して、生態系サービスを産みだす力はどんどん低くなります。

その一例が、世界最大の砂漠の湖であるケニアのトゥルカナ湖です。鳥たちやナイルワニ、カバなど、さまざまな野生生…

インターンを通して学んだこと

イメージ
ユースプログラム参加時の集合写真、渡邊:前段左@牛久(©Yoji Natori)

こんにちは。CIインターンの渡邊咲樹です。
昨年の7月から今年1月までインターン生として活動させていただきました。
約7か月間CIの業務に関わらせていただいた中で感じたこと・学んだことを紹介したいと思います!

インターン期間中に私が行った業務は大きく分けて以下の4つです。
・GEF-Satoyama Projectに関する業務
・SATOYAMA UMI PROJECTに関する業務
・民間企業との打ち合わせ同席
・CIの活動に関する英文記事の翻訳

これらの業務を通して学んだことを3つにまとめました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 自然と人間の共存に必要なこと CIジャパンは、他の環境団体と共同してGEF-Satoyama Projectを実施しています。
このプロジェクトは、世界各地のコミュニティで生物多様性の保全と人々の生活の発展を同時に推進する具体例を作り上げることで、 自然と共生する社会の実現に貢献することを目的としています。

このプロジェクトの定期ミーティングに参加したり、プロジェクトの成果をまとめたNews Letterの作成をお手伝いしたりする中で学んだことは、

「自然と人間の共存を実現するためには、保護区を設定することが必ずしもよいのではなく、自然資本を活用して現地の人々の生活を持続的に保証できる仕組みを作ることが大切である。そして、その仕組みが持続するよう、現地の人々のモチベーションを維持し自主的な活動を促すアプローチが必要である。」

ということです。

私が作成に関わったNews Letterは活動の成果を公に発表するためのものであり、活動について他の人に知ってもらうだけでなく、現地の人々が自らの活動を振り返りモチベーションを維持するためにも役立つのではないかと考えています。



2. NGOの役割について CIというNGOでの活動に関わらせていただき、さらに民間企業との打ち合わせに同席させていただいたことで、NGOだからこそできることを実感しました。

民間企業との打ち合わせに同席させていただいた際に感じた民間企業とNGOそれぞれの強みと弱みは以下のようなものです。

〈民間企業〉
強み:ビジネスを通してお金を調達することができ…

エコ意識の高いあなたへぴったりなホリデーギフト

イメージ
もうすぐクリスマス。ホリデーシーズンに向けて、CIからステキなギフトのラインナップをご紹介します。 あなたの選択行動が地球を守る活動へつながります。 ご自身へのお買い物、また、ご家族やご友人など、大切な方へのギフトに意味のあるギフトはいかがでしょうか?
コンシャス ステップ(Conscious Step)
2種類の靴下と、地球を守る2つの方法
コンサベーション・インターナショナルと、ソーシャルグッドな靴下を製造するコンシャスステップは、自然保護の重要性をアピールする2種類の靴下を作りました!一つは「エレファントソックス」。野生生物の密売に取り組む森林レンジャーを支援する靴下です。もう一つは「植林ソックス」。1足につき熱帯雨林に20本の木を植えることに繋がります。
4オーシャン(4Ocean)
アクセサリー一つで約500グラムの海洋ゴミの除去に貢献
リサイクル素材で作られたブレスレットを購入すると、その一部は海や海岸のゴミを約500グラム除去する活動へ寄付されます。4オーシャンは 、マングローブ林の修復などCIの保全活動を支援するために、「ザ・レガシー・コレクション」の一部として「マリンナーザリーブレスレット」を販売、収益の10%がCIの保全活動へ寄付されます。

オメイズ(Omaze)
収益の50%がCIの保全活動をサポート
ファンドレイジングプラットフォーム、オメイズウェブサイトより、対象の世界の不思議旅行キャンペーン(メキシコのチチェン・イッツァ遺跡、イタリアのコロッセウム、インドのタージ・マハル、中国の長城や、ブラジルのキリスト像など)に寄付付き応募をすると、CIが世界各地行っている海の保全活動に役立てられます。
トゥギャザーグッズ(Together Good【s】)
帽子の購入で、淡水プロジェクトを支援
キャンペーン対象の帽子を一つ購入頂くごとに、10ドルがCIの淡水プロジェクトに寄付されます。

ヌア ナチュラル(Nua Natural Co.)
利益の10%が、CIのアマゾン熱帯林保全を支援
ヌアナチュラルのスキンケア商品は100%天然由来、アマゾンで育った種やナッツ、フルーツからサステナブルに生産された油のみで作られています。ヌアナチュラルの商品の収益10%が、CIのアマゾンの熱帯雨林保全に役立てられます。

ライフイズグッド(Life is Good)
期間限定Tシャツを購入することで…

気候変動が熱帯雨林に影響を及ぼす3つの原因

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの3 ways climate change affects tropical rainforestsを日本向けに和訳編集したものです。

全ての人々が熱帯雨林に住んでいるわけではありません。しかし、全ての人々が熱帯雨林から恩恵を受けています。
熱帯雨林は地球上の約半分の植物と動物の生息地であり、大気中の二酸化炭素を吸収するのに必要不可欠な役割を果たしています。この熱帯雨林を伐採することは、二酸化炭素を大気中に放出し気候変動を引き起こすことに繋がります。実際に、森林破壊は人為的に誘発される炭素排出量の約15%を占めていることが分かっています。
複数の研究結果は、気候変動が熱帯雨林を害していることを示しました。しかし、まだ希望はあります。Human natureは熱帯雨林保全のためのインターナショナルデーに、3つの問題点と将来性のある解決策を調査しました。この 3つについて紹介していきます。

1.気候変動は森林劣化を引き起こす
2050年までにアマゾンの気温は2〜3度上がり、干ばつが激化することが予測されています。
コンサベーション・インターナショナルのアーリーワーニングシステム担当ディレクターのキャリン・テイラーは「明らかに、干ばつの激化は山火事の原因となり、それは森林地域におけるさらなる炎の拡大を引き起ことが懸念され問題となっています。」と語っています。
アマゾン川流域の研究では、気温上昇は10〜20%の降雨量減少を誘引すると予測されています。気温が上昇するにつれて、森林火災も増えます。熱帯雨林の年間降水量は通常2540mmですが、年々減少しており、結果的に連鎖反応を生みだしています。
「特にアマゾンの熱帯地方では、森林は燃え尽きることはないほど広大です。そのため、一度でも森林が燃えてしまえば 炎はどんどん拡大していき森林は劣化してしまいます。また、一度山火事の起きた森林は再び燃えやすくなってしまいます。火を防ぎ、森林の回復力を強化することで、森林の健全性を保ち、劣化を防ぐことがとても大切です」とタボラは語ります。
グッドニュース:テイラーは森林火災の監視と警告のためのシステムであるFirecastを開発しました(

スターバックスが業界の取り組みを変え始めた~最新のC.A.F.É. プラクティスレポートより~

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの”Coffee giant changing the sustainability game, report shows”を日本向けに和訳編集したものです。

”サステナブル・コーヒー’の真の意味は?

イメージ
本ブログは、CI本部ブログHuman Natureの”Sustainable coffee: What it really means”を日本向けに訳したものです。

エディターズノート:9月29 日はアメリカのナショナルコーヒーデーです。9月中、CIのブログではコンサベーション・インターナショナルの持続可能なコーヒーの取り組みを中心に紹介していきます。


コーヒー豆のパッケージについている“持続可能に栽培された(sustainably grown)”というラベルが何を意味しているのか気になったことはありませんか?


コーヒーを持続可能に栽培するということは、自然を保全しながら、コーヒー栽培に携わる人々にとって、より良い生活が提供されることを意味します。非持続可能なコーヒーの生産は、森林破壊や水質汚染を引き起こし、そして労働者の搾取に繋がります。


コーヒー農家の人々は、 気温上昇や、予測不可能な降雨パターンなど、気候変動の影響にますます対処していかなければならない状況になっています。気候変動へ適応していくために、農家の人々はコーヒー栽培農地を、より標高の高い場所に移し、病気に強い樹種に資金を払っています。しかし、これらの対策だけでは十分ではなく、コーヒー農家の人々は、今後もコーヒーを作りつづけるために、さらなる助けを必要としているのです。


コンサベーション・インターナショナルが開始したイニシアティブ、「サステイナブル・コーヒー・チャレンジ」に参加してください。このチャレンジは、コーヒーを世界で初めて完全に持続可能な農産物にし、持続可能なコーヒーへのより大きな需要を促すために、コーヒーに携わるすべての人々(生産者、トレーダー、ロースター、小売業者)が団結するためのプラットフォームです。


このチャレンジを通じながら、コンサベーション・インターナショナルと、スターバックスやマクドナルドを始めとする100以上のメンバー組織は、コーヒーを世界で初めて持続可能な農産物にするために今も共に取り組んでいます。


持続可能なコーヒーについてのより詳細な情報はこちらをご覧ください。


by Olivia DeSmit(コンサベーション・インターナショナル、スタッフライター)


翻訳協力:藤沢悠佳
編集:CIジャパン