投稿

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第3回目 浦口 あや vol3

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です

浦口あやさんのインタビューのvol3です!(バックナンバーを読んでない方はこちら→ vol1vol2)
vol3もvol1、vol2に引き続き、CI政策パートナーシップシニアマネージャーの“浦口 あや”さんのインタビューです!
浦口さんのインタビューは今回で最終回です!今回は、浦口さんに未来のことについて伺ってみました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 浦口あや AyaUraguchi, PhD
コンサベーション・インターナショナル ジャパン
専門は森林生態学(博士/北海道大学)。三菱総研にて、国内外の炭素クレジットを活用した森林プロジェクト形成の支援、森林モニタリング技術に関する研究などに携わる。2010年より現職にて、森林プロジェクト、気候変動分野を担当する。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*CIジャパンの今後の課題について


菊池:CIは気象変動や生物多様性の保全など、地球規模の未来に関わる問題に取り組んでいますよね。そんな、CIジャパンにとっての今後の課題とはどのようなことですか?

浦口:CIジャパンはもっといろいろな人と一緒に何かをやっていきたいと考えているので、もっとパートナーを増やしていくことがとても大切だと思います。

「環境って、人によっていろいろなとらえ方があると思うんですよね。」

CIジャパン自体はそんなに大きくないので、私たちだけではできることは少ないけれど、

環境や自然って本当はとてもいろいろなところとつながっているので、そのつながりを考えると私たちのパートナーシップはまだまだ足りないし、日本には一緒に何かをやれたらきっと面白いパートナーがもっとたくさんいるので、その部分をもっと広げていきたいなと思っています。
菊池:パートナーというのはCI側から声をかけに行くこともあるのですか?

浦口:これまでのところ、あまり多くないですね。
というのも、特に私の担当する仕事は、今のところ社会貢献・CSRの一環でのパートナーシップが多いので。コンサルティング会社が引き合わせてくれたこともあります。
菊池:パートナーを増やすという目的のためには、今何をすべきだと考えていますか?
浦口:“いろんな人に会うこと”

例えば、金融関係の会社とこういうことがしたいというアイ…

パーム油について知るべきこと

イメージ
スーパーマーケットのタブロイド紙の見出しに「あなたの戸棚、冷凍庫、そして薬箱に潜んでいる秘密の原料」と書かれるのはもっともです。多くの消費者はパーム油について聞いたことがなくても、スーパーマーケットに並ぶ製品の約半分に含まれている原料です。そのうち約80%は、アイスクリームからピーナッツバターやマーガリンに至るまで、あらゆる加工食品に使われています。それ以外ではパーソナルケア用品や掃除用品に含まれていたり、バイオ燃料に使われています。

あらゆるところに偏在しているこの製品は、絶えず、熱帯雨林の伐採や減少を引き起こすものだと捉えられてきました。そのため、多くの組織や個人レベルにおいて、パーム油のボイコットを求める運動が起こっています。しかしながら、この問題を解決するのはそんなに簡単なことではありません。ここに、パーム油に関する事実を5つ挙げていきましょう。

1. パーム油の消費は、急上昇している
ここ数十年、世界的な植物油産業は、世界中の冷蔵庫やレストランの加工食品利用の標準化にともなって急成長してきました。この10年で需要は倍以上になったことに加えて、特にパーム油産業の成長は、インドネシアでの伐木搬出産業の拡大(パーム油を生産するアブラヤシの新たなプランテーション開拓を助長することになった)から、アメリカ・カナダ・ヨーロッパの一部でのトランス脂肪禁止(食品会社が代替品を求めることになった)に関連する政策に至るまで、複数要因によって拡大しています。

最大の消費者はどこにいるのでしょうか。インド、インドネシア、中国、そしてヨーロッパ諸国です。
(なお、パーム油は偏在しているにも関わらず、アメリカは世界のパーム油市場の約2%にしか相当しません。しかしながら、パーム油を使って製品を開発しているのは、アメリカに拠点を置く多くの多国籍企業であるということは、アメリカが影響力のある市場であることを示しています。)

2. 大部分は東南アジアで栽培されている
現在、世界のパーム油の約86%はインドネシアもしくはマレーシアで栽培されています。そこでは、450万人がその産業による収入で暮らしています。さらに数百万人―インドネシアだけで2500万人ほど―の人々が、間接的にパーム油生産による利益に頼った暮らしをしています。

パーム油の需要増加につれて、特に南米やアフリカなど、他の熱帯地域での生…

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第2回目 浦口 あや vol2

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です。 浦口 あやさんのインタビューのvol.2です!(vol.1を読んでない方はこちら)
vol.2もvol.1に引き続き、CI政策パートナーシップシニアマネージャーの“浦口 あや”さんのインタビューです! 前回は浦口さんのお仕事についてお聞きしたので、今回はもっと浦口さんの人柄に迫るべく、お仕事以外のことを伺いました!




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 浦口あや AyaUraguchi, PhD
コンサベーション・インターナショナル ジャパン
専門は森林生態学(博士/北海道大学)。三菱総研にて、国内外の炭素クレジットを活用した森林プロジェクト形成の支援、森林モニタリング技術に関する研究などに携わる。2010年より現職にて、森林プロジェクト、気候変動分野を担当する。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
菊池:前回のインタビューで、CIに転職してからプライベートの時間が増えたと語ってくださった浦口さん。その余暇のすごし方を聞いてみました。
浦口:今はクラシックの合唱団に所属しています。転職して平日の夜の時間を使えるようになってから、まず試してみたのはクラシックギターとゴスペルでした。 クラシックギターはゼロから出発なのですぐに上達するのですが、ある一定のところまでいくと練習しないと上達しなくなるな、と。ゴスペルはその時に歌えば楽しいから、そっちを続けることにして、3-4年続けました。楽しかったんだけど、もっと上達したくなった。 「その時の楽しみよりも、人生これから何十年もある中で上達し続ける楽しみをもうちょっと得たい」 そう思って。あとは、実はもともとゴスペルよりクラシックの方がずっとよく聞いていたので、それならクラッシックかなと思って

GEF-Satoyamaプロジェクト 「マダガスカルおよびインド洋諸島」 訪問記(後半)

イメージ
科学応用マネージャーの名取洋司です。「マダガスカルおよびインド洋諸島」生物多様性ホットスポットを訪問した訪問記の後半です。

◇◇◇セイシェル◇◇◇
 
6月22日。モーリシャスでの視察を無事に終え、夕方のフライトでセイシェルに移動しました。セイシェル便は、ビジネスクラスにアップグレードされ、非常に快適でした。2時半の短いフライトですが、おいしい夕食とお酒を頂き、ご機嫌でセイシェルに到着した次第です。現地のパートナーのGreen Islands Foundation (GIF)と空港で待ち合わせ、滞在中のスケジュールを確認しながらホテルに移動。この日はこのまま終了。





ここでのプロジェクトは、零細漁業による絶滅危惧種の混獲を減らすための、行政と漁師による共同管理計画を作ること。そのために必要になる、水揚げされる魚の種や大きさを島内の決められた市場や水揚げ場でモニタリングしています。セイシェルでは、島の周りに400万ヘクタールに及ぶ浅瀬が広がっていて、ここでは零細漁業しかできないことになっています。したがって、このプロジェクトで作成される共同管理計画は、400万ヘクタールの海域の保全と持続可能な利用にむつびつきます。

6月23日。朝8時にGIFと待ち合わせ、9時にセイシェル環境・気候変動省にてGEFのOperational Focal Pointと会議。GEF-Satoyamaプロジェクト全体の紹介を私がした後、GIFが自らのプロジェクトを紹介をしました。
環境・気候変動省での会議の後、GIFのオフィスに移動し、プロジェクトの進捗の確認をしました。会議が始まる前に、GIFの理事会長であり、GIFの母体である会社をの経営者から、会社の紹介を受けました。個人所有の島のリゾート事業を行っているところで、環境の取り組みもいろいろ行っていることを聞きました。しかし、一番記憶に残ったのが、1泊1500ドルもするリゾートだということです。その時は驚きましたが、調べてみると、セイシェルでは驚くほど高いものではないようです。
さて、プロジェクトの会議本体。進捗確認は無事に終わり、改善点などを話し合いました。ランチの後、会計の検査。会計報告にある支出から、いくつか抜き出して裏付け書類を確認するのですが、私にとって決して面白いも…

GEF-Satoyamaプロジェクト 「マダガスカルおよびインド洋諸島」 訪問記(前半)

イメージ
科学応用マネージャーの名取洋司です。CIジャパンが2年前より、生物多様性のための国際基金である地球環境ファシリティ(Global Envirounmental Facility:GEF)からの資金を元に主導して進めている、「GEF-Satoyamaプロジェクト」では、世界10か国で、10件のプロジェクトを支援しています。
今回は、10件のうち4件のプロジェクトがある「マダガスカルおよびインド洋諸島」生物多様性ホットスポットを訪問した話しをしようと思います。
CIジャパンのスタッフの出張には、こんなものもあるんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の出張の目的は、現地から届く四半期報告書にある進捗状況を現地で直接確認すること、そして、報告書に無い課題や成果について把握し、適切な対応について協議することです。今回は、私に加え、プロジェクト・オペレーションズ・マネージャーの小笠原が途中モーリシャスまで同行しました。さらに、GEF資金の「実施機関」として本プロジェクトの円滑な実施を支援しながら、CIジャパンの執行機関としてのパフォーマンスを監督する立場である、CI本部から3名がマダガスカルからセイシェルまで同行しました。

出張のスケジュールは下記の通りです。2週間半で4か国を回りました。支援しているプロジェクトの内容も含めながら、見てきたことや写真を中心にお伝えします。

◇◇◇スケジュール◇◇◇

6月13日 成田発。アブダビ、セイシェル経由でマダガスカルへ
6月14日 11:50 アンタナナリボ着
      16:00 マダガスカル環境省にてGEF Operational Focal Pointと会議
6月15日 7:00 国内線にてMaroantsetraへ移動
       午後 Wildlife Conservation Society (WCS)と会議
6月16日 6:00 フィールド視察
6月17日 午前 WCSにて会議/ユースとの活動を視察
      午後 ノージーマンガべ保護区を視察
6月18日 17:50 国内線にてアンタナナリボへ移動
6月19日 9:00 ホテルにてWCSカントリーディレクターと打ち合わせ
      11:00 JICAマダガスカル事務所にて打ち合わせ
      12:30 CIマダガスカル訪問
      16:…